徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成29年5月18日、木曜日、曇り)

2017年05月19日 | 日記
    今日は平塚美術館に行くことにした。
         
         平塚美術館では
         
         「リアルのゆくえ」という企画展を開催中だ。
          「麗子像」の岸田劉生や「鮭」の高橋由一などの日本の写実画を
          代表する画家から現代の画家までの絵が展示されている。
          平日なのだが、けっこう賑わっていた。
          と言っても、そこは「平日」だから老人ばっか!(笑)
         平塚市のすばらしいところは65歳以上の平塚市民は入場無料で
         平塚市民以外でも65歳以上は割引き入場できることだ。
         太っ腹だな~~~~~。
   色鉛筆で写真のような写実画があった。
   展示物は写真撮影禁止だから、帰って来てネットから探した絵が
         
         吉村芳生の「コスモス」
         この写実画の技法がスゴイ!
         コスモスの写真を撮り、それをA4に印刷し、5mm各の格子状に
         線を引き、描く紙にも5mm四方の線を引き、ヒト角一角描き込んで
         ゆくのだそうだ。だから何年もかかる気の遠くなる作業だ。
         ワタシなんか気が短いので・・・・できない!(あたりまえだ!)

   併設の企画展の「浮世絵・神奈川名所めぐり」も同じチケットで見ることができる。

   美術館からの帰りに昼飯を食べるためにインド・レストランに立ち寄った。
         
         午後1時半過ぎなので客はだれもいなかった。
         
         客がいないので、テレビはDVDでコーランを放送していた。
         コーランを一節唱えるとヒンディー語でその意味を説明していた。
         そうなのです。ここの料理人は回教徒なんです。
         インド・レストランの名前も「ビスミラーハ」というウルドゥー語です。
         
         サーグ・チキン(ほうれん草とチキン)を注文しました。850円。
         ライスのお代わりできますよと言われたが、そんなに食べられません!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。