徘徊老人のひとりごと

地球上を徘徊するボケ老人のひとりごと

徘徊老人のひとりごと 熱海日乗(平成28年10月14日、土曜日、晴れ)

2016年10月15日 | 日記
     熱海のMOA美術館が改修工事のため、MOA美術館で行っていた
     「薪能」を今年は熱海のサンビーチで行うという。
     しかも「無料」だというので出かけた。
     で、何時から開始かというと・・・・・・
     午後4時半開始なのだ。
     なんだかな~~~~~。
         
         まだ明るいよ。
         
         来宮神社の宮司さんによる「舞台お祓いの儀」があって
         あっ、招待客・来賓は舞台の前の椅子席でお土産付きなようだ。
         この人数だけで200名くらい。
          
         舞台の向こうの右上空に月が出てきた。
         
         残念ながら満月ではない。
         会場アナウンスで「写真撮影は御遠慮ください」とアナウンスするが
         砂浜の広い会場だ。
         だれがそんなことを守るの!(笑)
         また、なぜ写真撮影が禁止なのかよく分からない。
         
         さすが熱海、前座は熱海のきれいどころ(?)が踊りをおどり
          
         それが終わるころ
         
         山側に落ちる夕日に空は赤く染まる。
         風もないが、やはり日が落ちると寒くなる。
         薪能って暑い季節にやるもんじゃないの~~~?
         
         いよいよ「聖火」登場(笑)
         
         薪に点火 
         
         舞台の後方に一艘の舟が舞台に近づいてくる
         
         舟から舞い方が登場する。
         
         この熱海での公演のため作った「海」という題名の「能舞」だそうだ。
     長袖シャツの上に薄手のセーターとジャンパーを着て行ったが
     寒くて
         
         この「能舞」でGiveupして戻って来てしまった。
         この薪能は明日もあるので、明日は防寒対策をしっかりして来よう!
         この薪能の終わる時間は午後7時なんだよね。
         まっ、一泊二食付きの観光客のためなんだろうな~~~。
        なんせ「あたみ 海辺のフェスティバル」という客寄せみたいな
        フェスティバルなんだから。
     体が冷えたので風呂に入り、鍋にした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徘徊老人のひとりごと 熱海... | トップ | 徘徊老人のひとりごと 熱海... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。