祇園ママから小夏のママへ

銀行員⇨主婦⇨社長⇨祇園ママ⇨そして再び専業主婦
ジェットコースター人生からやっと訪れた平穏な日々に想うこと

Memoir Vol.10

2016-10-16 11:16:50 | 回顧録
その頃、年子の二人の子供は小学生

まだまだ手がかかる時期

個別懇談や家庭訪問で忘れ物等の指摘

きめ細かく見てやれないから……

私のせいだ



父が退院して自宅療養になり……

しばらくは住み込みの家政婦さんをお願いしていた

しかし費用も決して安くはない

もうとにかく何もかもが重くのし掛かり

パニックになりそうだった



会社と自宅は車で五分の距離

直ぐに着くのに……

早く帰らないといけないのに……

会社を出てからクルマをあてもなく走らせ

気がついたら一時間経っていたこともあった



会社では社長の顔、家では主婦の顔

私自身は??



こういう気分の時のために

祇園のような世界が必要なのだと身をもって感じた

どこでもない自分の世界



家族がいても、

ちゃんと自分の仕事をこなしてくれる従業員さんがいても

最終的には私にしかわからない会社の実情

恐ろしいほどの孤独感

どうすればいい

何処へ辿り着けばよい……

自問自答の日々



会社、お得意様、家族、世間体、そしてプライド

……守りたいものが頭の中をぐるぐる駆け巡る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急遽、大阪城ホールへ | トップ | 苦労が顔に………出ない »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-10-16 15:23:32
大変そうですね
焦らないで先ずは深呼吸。
やることをゆっくり順番に書き出す。
それから全部を背負い込まない!
気持ちの整理が大事だと想います。
偉そうにすいません<(_ _)>
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
こんにちは (小夏ママ)
2016-10-16 15:59:29
有り難うございます
今となっては昔話
苦しかった事もちゃんと思い出になるものですね
あの時期があったおかげでずいぶん強くなりました
少々のことには動じません
これが収穫といいますか。。。
こんばんは! (とよ)
2016-10-16 22:51:50
どこでもない自分の世界

「・・・・・・・・」
女、長兵衛、
足の向きに灯が点いた時でしょうか・・。

いつも心地よく拝見いたしてます!
では!


とよ様 (小夏ママ)
2016-10-17 00:32:34
こんばんは
いつも有り難うございます
昔を思い出すのはそこまで気持ちを引き戻す事で…
結構重い作業ですが、どうしても整理しておきたくて
お付き合い頂きまして感謝しております
お怪我の方、完治まで無理なさらずに

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL