鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出

亀ヶ崎出身の五十嵐豊作集

124.梶原久三郎の逸話より

2017年04月18日 | 五十嵐豊作集

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • 人気ブログランキング

 

鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出  

                            

124.梶原久三郎の逸話より

 享保の頃、鵜渡川原に希代の剣豪が住んでいた。

彼は、柔、太刀、縄、棒、居合、手裏剣、槍、

長刀の免許を持ち、百姓もしていた。

いま、若侍が新井田橋に来て、

試合に行くため梶原の家までの道筋を聞いているところである。

百姓は、「お前のような青二才が行っても怪我するだけだ・・・・」というと、

侍は切りかかったが、天秤棒であしらわれ、驚いて逃げて行った。

この百姓が梶原であった。彼には多くの武勇伝があり、88歳で没した。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

※ お知らせ

下記、追憶の鵜渡川原画集は160枚の絵が掲載されています

購入希望(定価8,000円)の方には格安にて販売しますので

ご連絡を頂ければ発送致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     

五十嵐豊作集160枚を日替わりにて掲載している絵は、

故五十嵐豊作先生の御遺族のご厚意により掲載して居ります。

 尚、この絵の説明文は追憶の鵜渡川原画集より抜粋して、 忠実に掲載しており、

歴史についての調査等は一切行っておりません。

 

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 123.農作業着 | トップ | 125.鵜渡川原役場  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む