鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出

亀ヶ崎出身の五十嵐豊作集

127. イチヨマ

2017年04月21日 | 五十嵐豊作集

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • 人気ブログランキング

 

鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出  

                            

127. イチヨマの「ま」は市代の愛称で、

昭和20年頃も「マ」「チャ」が使われていた。

店は最上町の西端れで、余目、新堀から醤油や黄な粉、

飯盛山方面から果物、酒田から駄菓子、酒類、砂糖、

灯油、紙、煙草などを卸に来ていた。

家では黒革まんじゅう、だんご、氷水を作っていた。

手打ちの支那そばは、昭和5年に開店。

昭和15年、物資不足のため閉店。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

※ お知らせ

下記、追憶の鵜渡川原画集は160枚の絵が掲載されています

購入希望(定価8,000円)の方には格安にて販売しますので

ご連絡を頂ければ発送致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     

五十嵐豊作集160枚を日替わりにて掲載している絵は、

故五十嵐豊作先生の御遺族のご厚意により掲載して居ります。

 尚、この絵の説明文は追憶の鵜渡川原画集より抜粋して、 忠実に掲載しており、

歴史についての調査等は一切行っておりません。

 

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 126、斉文(サイモン)語り | トップ | 128.囲炉裏 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む