鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出

亀ヶ崎出身の五十嵐豊作集

126、斉文(サイモン)語り

2016年11月08日 | 五十嵐豊作集

 

  •    人気ブログランキング

 

鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出  

                            

126、斉文(サイモン)語り

 大正・昭和初期 冬の農閑期に入ると、

イチョマ軒に毎年斉文語りがやってきて1週間ほど泊まっていた。

夕食が終わった頃、近所の年寄達が20名ほど集まって来る。

頃合いを見て、紋付き姿の斉文がテーブルの所に立ち、

ホラ貝を拭きながらデロレンデロレンと錫杖(しゃくじょう)を振り鳴らし、

題名を発表して語り始める。

今晩の続きは明晩のお楽しみで、解散になる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※ お知らせ

下記、追憶の鵜渡川原画集は160枚の絵が掲載されています

集を購入希望(定価8,000円)の方には格安にて販売しますので

ご連絡を頂ければ発送致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     

五十嵐豊作集160枚を日替わりにて掲載している絵は、

故五十嵐豊作先生の御遺族のご厚意により掲載して居ります。

 尚、この絵の説明文は追憶の鵜渡川原画集より抜粋して、 忠実に掲載しており、

歴史についての調査等は一切行っておりません。

 

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 125.鵜渡川原役場 | トップ | 127. イチヨマ »
最近の画像もっと見る

五十嵐豊作集」カテゴリの最新記事