鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出

亀ヶ崎出身の五十嵐豊作集

116.お歯黒

2016年10月29日 | 五十嵐豊作集

 

  •    人気ブログランキング

 

鵜渡川原の油絵は少年の日の思い出  

                            

116.お歯黒

 大正の末期、老年の農婦が、

箸のようなものでお歯黒を塗っているのを見たことがある。

お歯黒の歴史は古いが、当時、村でも流行していたのであろうか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※ お知らせ

下記、追憶の鵜渡川原画集は160枚の絵が掲載されています

集を購入希望(定価8,000円)の方には格安にて販売しますので

ご連絡を頂ければ発送致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     

五十嵐豊作集160枚を日替わりにて掲載している絵は、

故五十嵐豊作先生の御遺族のご厚意により掲載して居ります。

 尚、この絵の説明文は追憶の鵜渡川原画集より抜粋して、 忠実に掲載しており、

歴史についての調査等は一切行っておりません。

 

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 115.あられを炒っている | トップ | 117.早朝の野菜売り »
最近の画像もっと見る

あわせて読む