広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

武蔵嵐山駅 その3

2016-09-18 04:16:49 | 東上線印

Aの位地に鎌倉街道と山王古墳の看板。道路を横切る形で散歩道が伸びます。山王や日枝や日吉は愛子どのの木星印

山王古墳は尻尾(毛)にこびりついた古墳の古糞。草原を歩くと棘の「いばら」が纏わり付きます。08茨城県は愛子どの。草かんむりを取ると次の城(白)と暗示します。

電塔の鉄塔。伝統は云い充ちる。鉄刀と徹頭徹尾の「てっとう」は曲げれないもの。総じて固い意志の表れ。電流の伝龍の曲げれない物でしたが。身軽にするだけです。

小さなプレートは89

89の厄。生理月経の澱の汚れも通過の透過します。嬉し涙を拭うようなシミに成るのよ

校内は撮影禁止。正門ではなくスクールバスの発着場の入り口から入りました。

校門の肛門で芝生を傷めないための通路を進みます。小さな提灯と手摺付き。

摺動部の機械(部品)が擦れ合う所を指します。肛門性交の襞(ひだ)で褶。神示す「ネ」にもう一点を加えて褶(ひだ)

手偏に皇を透したので肛門の括約筋も粘膜も若く成ります。いわゆる桃尻です

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 武蔵嵐山駅 その2 | トップ | 武蔵嵐山駅 その4 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。