鶴瀬駅

2016-10-18 06:16:54 | 東上線印

鶴瀬駅は17の世界宗教印。十と七で獣と骨です。足うら印は膵臓。

よさこい祭りが西口で行われました。富士見市のお隣の三芳町に繋ぐ道です。

私が住んでいた学生時代には無かった道です。よさこい祭りの悪因は大音量。

よさこい祭りは朝鮮印。先頭を仕切る人は歌も上手く盛り上げます。礼を重んじます。

踊り子は揃いの鮮やかな衣装をまとい、練習しないと出来ない舞いを披露します。殿(しんがり)は旗もち。

竜の胸の高知県から北海道龍の口腔によさこい祭りが伝播しました

今まで「くって」きた総体の意志の現れが胸突き八丁で吐き出した息の粋です。日本人を食い物にしていた者物にも総体の意志は宿ります。

北海道龍の口腔。口八丁手八丁に躍動します。手にあたるのが八丁堀。

地下鉄日比谷線の八丁堀駅。京葉線(武蔵野線)の乗り換え駅が龍の手に触る場所です。

九州竜の妊婦のお腹。北海道龍の心臓が東京都です。胸に手をあてて、心音の言葉なり。

竜の下っ腹。龍の胸。その真ん中が「くびれ」。「クビ」と「ヒレ」の合成。

首、頸、頚。縊(首しめ)

鰭、螧、裱。領巾は女性の衣装で肩掛け。天女の羽衣。耆(たしなむ)の足し南無で名無。

魚心、虫心の艮が解けると年貢の俵、裱、表が軽く成ります。首しめの悪因もベルトなら程々を知ります。

鶴瀬駅から鉄道駅の無い三芳町に続く道が程程を知る呈(てい)です。

甲乙丙丁の優劣。丁の下っ端の悪意に対して呈を充てると呈示、定時、綴字。「ていじ」を自制できるように成ります

定時は、時の河の水子の写しが日本人一人一人。集団はエネルギー体の管。「みず」の流れを声部。制部しています

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 上福岡駅  | トップ | 鶴瀬駅 その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。