広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川越駅 

2016-10-08 19:36:06 | 東上線印

川越総合高校。川越市顔の喜多院は心臓。Aの仙波東照宮が乳房。中院が少年少女の胸肺。光西寺が心臓の奥の脂で膏肓(こうこう)です

赤ちゃんの川越市顔の陰線の陽を表現します。中院の目の前が総合高校。喜多院の飛び地の多聞院が一画に食い込んでいます

狭いけど多聞院は腕手を繋げるお役目が在ります

心臓の耳で肋が多聞の腕枕。在るを聴く鼓動の古道。熊野古道に掛けているのよ。

烏が呼んでくれまして。喜多院裏の「どろぼう橋」付近を散策

煙突が目立つ位置に有りました。蔵造り本舗のお菓子屋さんの煙突です。その先が埼玉病院。

真ん前に芋うどん。芋そうめんのお店。暖簾の家紋の店紋。十+司。「じゅう」の獣を司るマークを張っています

食の初句。印は喉越し。

個人の稲荷は皮膚一枚のδの無限小ですが、群の日本人が認知すると一億人の反しを個人が受けます

川越総合高校のファッションショーは腕の腦が表現できる「まとい」で皮膚の自在です。

東上線の「拳」の新座総合技術高校が母の魔法の手。川越市顔の赤ちゃんの腕手が未来を造り出す手です

青、蒼、碧。天色とは青空色の「あお」で靑。サンドの魔法印を手に宿したよ

 


 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝霞台駅 その2 | トップ | 川越駅 その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。