広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大宮駅 その4

2016-10-29 22:23:39 | 東上線印

足立神社→慈眼寺→中袋の観音寺→林光寺。

慈眼寺は「じげん」「じがん」時限、字源、示現。示し表す。慈顔と時間に架けていまして。いわゆる次元です。

この世界観は三次元。二次元も四次元も、時間とともに老化しないを理解し受け入れてます。次元が何かは問いません

無限小のΔで挟みます。Δ二次元≦Δ三次元≦Δ四次元。年を取るけど老化しない世界観に挟まれた三次元が何で律儀に老化しているのさ

岸信介が書いた建設記念碑。大梵鐘の慰霊。凡小のくだらない者。大きな凡小に違令、伊礼、威令を示現したのよ

今の支配者層が嘘つきで、百年前の支配者層は正直で千年前の支配者層は馬鹿正直で。どうしてそう思うのですか?

生まれてから一度も日本政府の正当性なんて証明したこともないのに。

水判土の慈眼寺は、水波田の観音堂と呼ばれています。水の旗で、水の帯です。その水をいただいて体液や血液にしています

支配者層は日本人一人ひとりを水子に当てて見ています。一人一人の痛みを知れと支配者層に乞いますが、掛け合わせて流した水子の声を聞こえますか?

足立神社の赤十字マークの血を下さい。3本の菊は右側の乳首の「聴く耳」を傾けてくれた表しです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大宮駅 その3 | トップ | 大宮駅 その5 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。