広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鶴瀬駅 その3

2016-10-19 01:22:46 | 東上線印

02の第6保育所。東上線開業時は9個駅。鶴瀬駅は6番目の心臓印。ホームには開業の石碑と、20キロポストの杭が立ちます。

「じゅう」と「にじゅう」の廿。度や庶や黃(き)に縛りを掛けてます。

心拍から結び直しです

03いぶきは息吹、伊吹、胆吹。イブを吹き込みます。

04妃龍。鶴ヶ島駅24の三重県伊勢で神道の心頭。在るを実感

05人魚姫。沖縄琉球のマングローブで萬の人間像。グローブは掴む。余り喋らない愛子どのが人魚姫で「きすい」の汽水息。海辺の森林です

06は花町百人衆。坂戸駅26+40=66の夢夢。26の盲腸京都と40福岡の口腔。その合成。鼻の花町に百人(もも)がつきました

2コースに移動。07遊和会は融和、悠羽。遊んで和解、若井。Youngの「ユング」深層心理のユングさん。

新装、神葬、寝装。普通の寝姿です。よさこい祭りなので、体いっぱい使って仲直りをしようと伝えています。

08すみれ小町は川越市砂。新河岸駅の陰線に掛けています。

09ナイス!。10武州武蔵は朝霞市で634。霧散の無産。御代の御世。酸の餐の蒜「さん」「にんにく」の御世。人の肉づきも自在性を持ちます

今ある風味で満足を知ると足が充ちます。時速、磁束、自足を制部出来るのさ

11舞人(まいんど)マインド。私約は、Myの印度を知るのです。いわゆるお役目。

日高市の高麗「こま」の独楽、小間、狛。困の悪意もマインドコントロール出来る事象です

3コースに移動。12は七色七味、富士見市。七色の羽衣。七味唐辛子の唐の辛子(からし)芥子、枯、涸。

印は「けす」消の芥子。舌の味覚の三角。

芥子の灰汁。介「かい」のお節介の石灰。切開の切り開く程々を知ると石塊の塊魂「かたまり」も艮を溜めないのです。

13勇舞会、富士見市。角付きの白い纏。勇は甬「よう」+力。風呂桶の洗い流しの様を勇と言います。マ+男=摩天+男でも同じ事です。角を立てて男を示す字面です

14花影蓮、坂戸市。影は翳で熊(かげ) 花影町の町名からチーム名をもらったとアピールしていました。

東上線の陽の虚。背骨の関越道を超した場所が花影町。長命、澄明、朝命を頂いたのさ

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鶴瀬駅 その2 | トップ | 川越駅  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。