池袋駅 その7

2016-10-13 06:35:55 | 東上線印

第二次大戦末期。空襲被害を豊島区も受けます。日の出小学校の跡地に区役所を建てました。雑司が谷の旭出(ひので)が由来です

南池袋公園が近くにあります。もと根津山と呼ばれた一帯は防空壕の穴倉が在りました。

都市型の公園。その当時の人ならば望んで夢見た光景が形なっています。集団の満足を覚えませんか?

区役所前は地下道の工事中。計画は「環状第5の1号線地下トンネル」家畜印の51ですが、「の」を入れてます。

之、布。皇を通すと抒、野、舒。予めの旁を自在します。

イメージは頭皮の血行。討匪、逃避。当否の衿。神示す今の予を表します

椅子は地下道工事中の真ん前に置いて在りました。読めた字面は東京ゾンビ。異界、異形なる物の椅子で奇子(キス)

もちろん座ったのよ。二客の二脚分です

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 池袋駅 その6 | トップ | 川口駅 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。