おやじのつぶやき

おやじの日々の暮らしぶりや世の中の見聞きしたことへの思い

八王子(横山)~駒木野~小仏~小仏峠~小原。その2。(「甲州街道」をゆく。第3日目。)

2017-04-19 19:07:06 | 甲州街道

まずは高尾駅前まで向かいます。イチョウ並木が続きます。

 (9:32)「長房団地入口」交差点を右折し、すぐ左折します。その角には大きな道標。
    
 左側は道標で右高尾山、左真覚寺とあります。右側の石碑はイラストが描いてあり、昭和2年(1927年)に新道(「国道20号」)が出来て路が真っ直ぐになったときの様子が描かれています。
 また、ここは「散田一里塚」跡でもあり、日本橋より13番目の一里塚があったといわれています。

この通りが旧道です。

立派なお屋敷。

しばらくして国道に復帰します。「日本橋から49㎞」ポスト(9:48)。

「多摩御陵」入口。ケヤキ並木が続きます。

 この先には、大正天皇陵(多摩陵たまのみささぎ)、貞明皇后陵(多摩東陵)、昭和天皇陵(武蔵野陵)、香淳皇后陵(武蔵野東陵)の四つの陵墓があります。

(9:56)その少し先を右手に入ります。

 案内板が立っています。                     車の喧噪から離れた静かな旧道。
    

サクラも見頃。

手入れの行き届いた庭。

 長い板塀などに囲まれた大きなお屋敷がチラホラ。通り沿いには勢いよく流れる用水も。
        

    

振り返って望む。

「国道20号線」に合流する手前にほんの少し旧道が残っています。

 (10:14)しばらく国道を進むと、左手に「高尾」駅。駅前には大勢のハイカーが。バスを待つ人、待ち合わせをしている人。トイレ休憩して、駅前のベンチで小休止。


 さていよいよ「小仏峠」めざして出発。国道をしばらく進み、「西浅川」の交差点で国道から右折して向かいます。角に目印となっていた「ポプラ・コンビニ」は改装中? ここでおにぎりなどを買うつもりだった人は、また駅前に戻るしかありません(10:34)。
    

 なお、現在の「国道20号線・現甲州街道」の原型である「旧国道・甲州街道」は、明治後期より「高尾」付近から「大月」付近までほぼ相模川・桂川沿いに進むことになり、上野原宿、鳥沢宿、猿橋宿など一部を除き、江戸時代の甲州街道・旧道と宿場は急速に廃れてしまいました。また、その国道も相模川をせき止めてできた「相模湖」によって一部は水没しています。
 地元の案内では江戸時代の甲州街道を「甲州古道」と表示していますが、その「古道」も「中央道」建設、土地開発などによってほとんど寸断されています。
ジャンル:
ご近所
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八王子(横山)~駒木野~小... | トップ | 八王子(横山)~駒木野~小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL