にゃんこさんの日記

日々、感じたこと、考えたこと。

小田和正「LIFE SIZE 」

2017-05-15 23:16:43 | 日記
小田和正のファンクラブ
FAR EAST CAFE

年会費を払えば、毎月「PRESS 」なる新聞が送られてくる。

小田さんや、共演者へのインタビュー、ツァーの様子、ご当地紀行の撮影裏話、スタッフやファンの声など盛り沢山で、

全部読むのが難しいことがある。

でも、なんと言ってもファンクラブ。
ツァーのチケットは、申し込めば良席を用意してくれる。

そして今回、新たなメリットを見出だした。

FAR EAST CAFE で、毎年制作、会員限定で販売している「LIFE SIZE 」。小田さんの1年間の活動記録をまとめたDVD 。

昨年は、「君住む街へ」の全国コンサート、例年の「クリスマスの約束」の放映あり、充実していたので、思い切って申し込んでみた。

通して観たが、素晴らしい(*^^*)


全国ツァーの様子、時々のご当地紀行、クリスマスの約束の練習風景。

ご当地紀行は、小田さんの毒舌が全国版で観れるし、練習風景も、リアル。

特に、和田唱さんとの度重なるリハーサル。和田さんと小田さんとの才能の融合に至る過程。

小田さんよりずっと年下なのに、物怖じせず、時には小田さんを引っ張る自然体の力量。

料理家の平野レミさんを母に、イラストレーターの和田誠さんを父に持つサラブレッドで、天然女優の上野樹理を嫁にしただけのことはある。

話は逸れたが、全編に渡り、小田さんとスタッフの編集のこだわりが光るDVD 。

東京ドームの「どーも」コンサート以来、ライブを市販する気の見えない小田和正。

これから、何回ライブをするか分からないが、このDVD で毎年追い掛けてあげようか、と思ったりする。

ちなみに私は、去年大阪中央体育館のコンサートに行ったが、その時のことはほとんど取り上げてなくて、郷里の島根の出雲ドームでのことが多く取り上げられていた。



小田さんが、自転車で松江市の県民会館まで来て、42年前にオフコースとしてそこそこ人気が出てきた時に、盛り上げてくれた学生たちがいた、と言っていた。

思い返せばその頃、姉と二人で行った覚えがある。
小田さんと鈴木さんの弾き語りデュオで、空席もかなりあった時代だけど、覚えて貰えていて、微かな興奮を覚えた。

小田さんも70歳。体も声も健在だけど、こうして記念のものを保存したくなる時期にもなってきた(*´-`)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BGM 「世界一難しい恋」 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。