まち・ひと・くらし-けんちくの風景-

建築設計を通してまち・ひと・くらしを考えます。また目に映るまち・人・くらしの風景から建築のあるべき姿を考えています。

宇都宮では大谷石蔵で意見交換会

2016-10-17 10:01:20 | 建築・まちめぐり

前の記事へ

記事一覧へ

次の記事へ

 

研究室視察,

真壁の次は宇都宮です。

宇都宮には府中建築文化フォーラムの岡田雅代さんがいらっしゃいます。宇都宮の市政研究センター時代の同僚、研究者仲間で市の職員でもある井上俊邦さんも加わり、大谷石建築を中心とする歴史・文化を活かしたまちづくりについていろいろ教えていただきました。

場所は、大谷石の石蔵レストラン。中庭(坪庭)に面した開放的なキッチンなどおしゃれなデザイン。

ひとつの敷地に三つの蔵が並んでいます。

やはり店(見世)の奥に蔵を並べるという配置はどこも共通のようです。

食事の後は井上さんの案内で大谷石建築ナイトツアー。

 

岡田さん、井上さん遅くまでありがとうございました。また今後とも交流させてください。

高谷時彦記20161017

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登録文化財のまち真壁 | トップ | 宇都宮の大谷石建築 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。