まち・ひと・くらし-けんちくの風景-

建築設計を通してまち・ひと・くらしを考えます。また目に映るまち・人・くらしの風景から建築のあるべき姿を考えています。

真壁伝承館

2016-10-16 16:42:12 | 建築・まちめぐり

前の記事

記事一覧

次の記事

東北公益文科大学大学院の研究室でまち並み保存継承の先進事例として茨城県桜川市真壁地区を視察しました。

地元まちづくりのキーパーソンの方々にお話を伺ったのが真壁伝承館です。

図書館、公民館、ホールなどが一体となった施設で、周辺の伝統的な街並みを意識しつつ、清新で斬新な印象を与える建物です。

いつか見たいと思っていましたが、大変良い機会となりました。

内外とも仕上げとなるサンドウィッチ鋼板構造の白壁が古いようで新しい不思議な印象をつくっていました。

開口部を見ると鋼板ならではのシャープな納まりです。

外構も落ち着きがありましたが、決して古いものを踏襲したという雰囲気ではありません。

中々よいものをみさせていただきました。

 

高谷時彦16 Oct 2016記

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私たちの建築設計、都市デザイン | トップ | 登録文化財のまち真壁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。