いしちょう裁判   石長松菊園 お宿いしちょう 廣田明雄の戦いです。

いきなりいしちょう首になった悔しさに裁判をしました!
職場復帰の約束を守ってもらえず、いきなり電話一本で首でした。

第14回 あせらずにゆっくり直せ!

2017年01月27日 | 裁判
最初に今までの流れでここはという言葉を並べてみましょう。

今までの流れで総務部長からの言葉がこんな感じです。

2013年
8/5   あせらずにゆっくり直せ!
8/26  復職したいと話すが中途半端ではだめとの内容
    保障されているのに無理して出てくることはない!
9/5   仕事はできるからと先生に言われている。
    仕事の内容によりけりで完全に治った時点で考えたら言い。
9/26  再手術の話しをする。
10/17 休職期間の延期ができるか調べてみるから、事故の関係で診断書を出してくれ。
10/24 再雇用確約の文章をほしいと要求したが社長が今後ぎくしゃくした関係は避けたいし
    お互い信頼関係で仕事もしているから、社長と話をしてみる。
10/31 社長は信頼関係だから念書は出せないとの伝言 再雇用は保障するから。
11/7  できることはするから、保障されえいるからよかったではないか。



こんな言葉を上司から言われたらどうしますか?

---------------------------------------
2013年9月5日
 
6っケ月間は休職してもよいのではないか。

復帰してからの仕事は営業とか事務系統になると思う

10月に(休職期間中に)復帰できるなら社長と話をして
ポジションを考えておく。

6っケ月間休んだのだから色々考えたこともあるだろうから、
反省をするところは反省をし、それから頑張ってほしい。

----------------------------------------------
2013年10月16日
この前話してた件は社長にも話して答えをもらってきた。
休職期間6っヶ月すんでの延長は、3ヶ月だけが6っヶ月延長して
治らんとなるといかんから、完全に身を引いた形で整理してほしい、
治った時に改めて来てもらうことは保障するさかいに、そうしたほうが
いいやろとなった。
わしもそう思うは、ここで手術して2、3か月伸ばして、また治らへん
となるとまた延期するわけにはいかんから。
それと気分的にあせると思うんや、3か月で治さなあかんと、
それよりも労災で補償されてる間に完全に治して、そうなると6っヶ月
かかろうと打ち切り補償が治るまであるわけやから。
それまでに治して改めて復帰したら身分は同じやから、基本的に
1からと言う考え方で、それからこれでお願いしますと言うなら、
会社は保障するから。
あんたは57・8歳やな、それぐらいの期間やから(60定年まで)

その後嘱託でやれるような方向でしたほうがすっきりするんと
違うかな思うし。会社がそう言っとるんや。
社長には念を押して言っておくし。

色んな仕事もできることは会社もわかってる事やし。
会社としてはそういう事で話をしてもらいたいとの事やったんや。


---------------------------------------
2013年10月24日(総務 課長同席)
廣田からの話しあり
先日からの話を弁護士とも相談して、一応身を引く事でわかりましたとして
再雇用頂けると言っていただいているので、何らかの文章でもらっておきたいのですが・・・。

その保障はね、文章にする事じたい会社のほうがどう言うかや。
そのへんにこだわると、ようするに信頼関係でやっていかんと
次から働くとなれば、あまりぎくしゃくせんほうがええんと思うんや、
けども、本人からすると気になるやろ、わかるは。
はたして文章にする事に対して会社のほうがお互いの信頼関係に対して
なんや、と言う見方をされるかもしれんので、うまく了解してくれればいいが・・・
会社から正式に証明が出なければ、言うたら我々が証人みたいなもんで、
再雇用する事はわかりましたよということです
そういう事ではわしらが証人やから。


社長にちょっと話して、文章的なものを要求されるかもわからんなと
わしは言うたんや、そしてら社長は「え~そんな」と言うとったからな
だからこんな話しいましたんや。


再雇用するにあたってあんまりぎくしゃくしてしまう、
わしと、南崎君がいることやし、それは口頭でしかと聞いて
南崎君は誠実と誠意に反する人ではないし、・・・。
文章にするのがあんたが安心するのやけど、文章にまでするのかとそこにこだわるね。


2013年10月30日

この間社長と話したけど、念書的なものは、こんなもの信頼関係やから
そんなこと水臭くなるんとちゃうかと、会社としても出す気はない。

荷物は整理してどこか置いておけばいい。
再雇用は約束されとるんやから。


そうです、この時点では私は会社から本当は錯誤に陥らさせ、やめさせてしまえという意図があったのだと思います。

裁判では確かにこのあたりの言葉が判断材料になったと感じています。
あなたなら上司からこんな言葉を言われたらどうしますか?
信じますか?信じませんか? 

その時、従わざるをえない空気が流れて、よほどの勇気がなければ逆らえない威圧感を覚えると思います。


京都ユニオンのリンクです!

安心してメールやお電話を!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第13回 ここから始まるうそ! | トップ | 第15回 戦いの始まり! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

裁判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL