目前の80

まだかもうか

介護保険へ入門で寝込む

2017年04月04日 | 楽しい後期高齢生活のために
妹に家事援助をうけさせることにした。

が、65歳をこえると、障害よりも介護保険を優先させるといわれ、介護保険の申請をすることになった。

 係りの方が家にきて、介護保険の説明と、4月から始まる総合事業について説明をする。

 総合事業とは、介護保健の認定よりもゆるやかで、老いの程度に応じて訪問生活援助などがあるという。

これが妹に希望している援助にあてはまること申請の手続きをすることにする。

 介護保険がきびしくなるという一方で、老いて行く人に手を差し伸べる手立てを考えているらしい。

で、妹に総合事業申請をしようということになったとき、ふいに係りが私にも同じ申請をせよという。

は?とは思ったが、同居者への審査と言うのがあるのかと、用紙を受け取った。が、どうもちがう。

つまり妹もだが、あんたも介護対象であるといっているのだ。

うーーん。そのとおりではありますが、イキナリクルとはおもっわなかった。

介護保険など私には関係ないと思い込んでいる私。

いつもせかせかと先のことばかり気にしていながら、そうかい、的は介護だったとは。

ショックであった。係りが帰ったあと、数時間寝込みました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« この痛み腰椎脊柱狭窄症のせ... | トップ | ちょっと負けてるかも。 »