目前の80

まだかもうか

一生モン

2017年06月02日 | 楽しい後期高齢生活のために
妹にエアコン付の部屋を与えたのは去年の10月だった。

私の新しい部屋にはエアコンをつけられない。

三〇℃を越え始めたところで、どうするか。窓付けはみっともなさ過ぎるだろ。

で、「冷風つきの扇風機」といううわさをきき、デンキ屋に。

そんなもんあるわけない。室温レベルの風という意味の冷風であった。甘い。

が、見れば最新の奴はかっこいい。ブルーとブラックのツインカラーで、キゼンとしている。

どうせ冷たくないのなら、見た目が冷たそうなんでいこうと、そいつにした。

立派な機械である。頑丈でありながらスマートでもある。

長持ちしそうだ。ふと、これはもう、一生モンだわ、と思う。

そういえば最近、何か買うごとに一生モンと思うようになった。

おそらく私の命よりもこの扇風機のほうが長持ちだろうという思いである。

80近くなればなにかにつけて自然にそういうふうに考えがむいて行くものだとは知らなかった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 遺言書完成 | トップ | コレを最後とは思わないけれど »