目前の80

まだかもうか

○落語家的血型判定方 

2017年10月18日 | 楽しい後期高齢生活のために
 むかし、血液型による性格仕分けというのがあった。

今でもあるかもしれないが。

桂春若師匠によればA型はトイレから出ると石鹸で手を洗い、自分のハンカチで手を拭くという。

O型は手を洗うが乾燥は手をぱぱっつと振るだけ。

B型、汚した方の手だけあらい、ズボンの尻で拭く。

ABは洗わない。よって拭く必要なし。

と高座でおっしゃっている。

こういうことをまことしやかに言いひろげる人間をばかにしていたが、こうもおかしく、おもしろくいいきられるとわらう。

たのしい。

春若師匠というのはどうしてアンナに渋い顔で座っただけなのに先ず笑えるのだろう。

名人だろうか。

落語家としては関西に限ると、O型には名人が多く、B型には一人をのぞき、全滅だとか。

ひょっとして、春若師匠はB型?

唯一の関西B型有名落語家は桂枝雀さんだけらしい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ビックバンをみた | トップ | 老友のうっとうしさ »