目前の80

まだかもうか

季節の変わり目多発時期

2016年10月18日 | 病を斜めから見る
やっといい季節になったのに、妹の症状はいまいちである。

やたらと気分が荒れやすい。わずかなことで大荒れとなる。

あっちは絶対自分が正しいという自信にみちていて、引かない。

あの引っ込みじあんだった頃の妹はどこにいったのやら。いまでは私のほうが引いて引いて。

ところが町に出て気がついたことがある。どうも落ち着きのないひとをちょくちょく見かける。

精神的な病気を持っているためだろう。この前であったときには落ち着いていた人が、妙にそわそわし

て、周りがみえていないらしい。

そうか、今は季節のかわりめ、それもかつてないようなややこしい夏と秋と初冬がくるくるといれかわ

る変わり目多発時期だった。

妹については、自発性が出てきたので、家だけでなく、社会へ参加するようにとのアドバイス。

行きたがるが、行くとすぐ帰りたがるのだが、ここはもう、忍耐しかない。

連れ出すことにしよう。ただしお金のかからないところにする。

入場料を払って、入ったとたん帰るというパターンにはまいる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 成年後見人はクライアントの... | トップ | 老化とともに幼児化はじまるか。 »