目前の80

まだかもうか

無我夢中の手作業

2017年05月14日 | 病を斜めから見る
妹がティッシュペーパーケースを作り始めた。

残り切れを使い、でこでこの飾りをつけた作品である。

材料をそろえてやると、1日中はなれない。

ひとりでもくもくと作る。あまりの集中にちょっと心配。

自分に出来ることを見つけたのはいいが、この集中はただごとではない。

早朝から夜中まで、わき目もふらない。食事もそこそこ。

作品だけがどんどんつみあがってゆく。

わたしは知る限りの知人にこれをもらっていただいている。

だれかれかまわず押し付けて回る。

さぞ、迷惑であろう。が、私までおかしくなっているんだ。

コレでいいのだろうか。いや、これでいい。

こんなことで妹がよくなるのであれば、言うことはない。

医師によれば欝の薬をとめたからという。

欝になり、欝のくすりを飲んでいて、いつのまにか欝のくすりがじゃまをしていたのか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 今後の理想だった隣人 | トップ | 遺言 自分で用意するもの。 »