目前の80

まだかもうか

遺言 自分で用意するもの。

2017年05月16日 | 成年後見人的立場
本人確認書類  写真つき。ないばあい2種類そろえる 

印鑑と印鑑証明 

財産の証明 
  金融資産 銀行や証券会社からのお知らせや通帳の写し直近のもの。普通預金も含まれる。
  不動産  固定資産税領収用紙でよい

ただし、死後遺産受け取り人のものとする手続きをした資産はこの中にいれない。

また年金など死亡とともに資格がなくなるものも除外

この総額を遺産として申請する。

手続き料金は総額に応じてアップする。

遺産総額  1千万につき  17000円
      3千万まで   23000円
      5千万まで   29000円
      1億まで    56000円
      と増えていく

弁護士は遺言状の骨子をつくってくれる。

出来上がりを見て納得できるまでなおしてもらう。メールでのやり取りも可。

私はかなり細かい遺言を作っていたが、言えば言うほどややこしくなるので

最後は定例にしたがって数行の遺言になった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 無我夢中の手作業 | トップ | 遺言 出来上がりを確認したのち »