目前の80

まだかもうか

成年後見人はひとりより、二人が便利。

2017年06月19日 | 楽しい後期高齢生活のために
妹の成年後見2年が経過した。

今年も家庭裁判所に妹の生活、主に経済状態について報告する。

うちは私以外に専門の後見人がもうひとりいる。

私に事故があったばあいに、即座に交代できる。

また、妹が私にしなければならないことで、無理なことも代わってやってもらえる。

他にも日常で私が後見人として、出来ないことやわからないことをサポートしてくれる。

裁判所への報告もややこしい場合はチェックしてくれる。

このため、やり直しなどがないように書類もそろう。

この人への報酬も発生するが、ご当人からの請求がなければ支払わなくてもいいらしい。

去年は妹に報酬をもとめてみたが、だいたいようすがわかったため、今年は無給とする。

どっちにしろ、同じところから出ているお金だ。

一人で成年後見人をやるのはたいへんだとわかった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
«  80過ぎたらというライン | トップ | 人の世話にはならんとはそん... »