私の 37か国の 旅日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

トレド観光一日目

2016-12-02 12:42:33 | 日記
建築様式はフランスゴッシック調で、内部は88本の柱で支えられ、それを囲む
ように、22の礼拝堂が有った。

ガイドの説明を聞きながら内部を観て回る。エル・グレコやゴヤの宗教画を観て
宝物殿へ入る。黄金の聖書やイザベル女王の王冠、装飾品、剣、などの財宝が、
ガラスケースの中に展示され、特にエメラルド、ルビー、ダイヤなどの宝石に目
がいってしまい、説明など耳に入らない。
宝石は、いつの世も女性を惑わせてしまうのよね。

コロンブスによって、初めて国に持ち帰られた、アルフェ聖体顕示台、(お神輿
の様な物)これも、金銀を使い宝石で飾られ、豪華に造られていた。

グレコが16世紀、トレドに魅せられ住み付いた家は、旧ユダヤ人街に有った。
この辺りでは、かなり大きな家で、今は修復中で中は観れない、見晴らしの良い
所から、家の全景をカメラに納めた。

300年前に、グレコが描いた「トレド景観」は、今のトレドと比べてみても、
少しも変っていないという。だからトレドの景観地区として価値があるのよね。

ここでグレコの家の前の坂道を登って来る、子供6人ずれの日本人家族と会う。
この人達とは、成田からの機内で、私の後部座席に座っていてた。話によると、
レンターカーを借りて、スペインを周遊をすると聞いていた。これからセビリア
方面へ向かうという。お互い無事な旅を願い、挨拶を交わし別れた。

グレコの描いた、オルガ伯の埋葬の絵を観るため、サンド・トメ教会へ来た。
グレコの作品中最高傑作といわれ、この絵を観るだけの観光客もいるというが、
観ることは観たが、今となっては余り記憶に残っていない。
グレコさん、御免なさい。
 🍀 明日に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼食は真っ黒なイカ墨ご飯 | トップ | トレドの夕景は印象的 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。