私の 37か国の 旅日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

アルハンブラ宮殿の内部 そこは・・・

2016-12-10 10:40:27 | 日記
「雨のアルハンブラか」と、がっかりするが、気を取り直して「雨の日には雨に
濡れる風情もある」と自分を慰める。雨に濡れるアルハンブラを観て帰ろう。
と、王宮より見学が始まる。

メクアールの間、裁きの部屋といわれ、余り大きくない、この部屋は綺麗な絵
タイルや細かいアラベスク模様が目を引く。

次が、天人花の中庭に出た。細長い池を囲むように生け垣が有る。その池の周り
を一周りして、バルカの間を通り、王宮で一番広い、大使の間に来た。
ここは王様が謁見などの公式行事を行う所で、その隣には、1829年アービ
ングが滞在し、アルハンブラ物語を書いた部屋が有った。

そこからライオンの中庭に出た。ここがまた趣向を凝らした素晴らしい中庭だった。
イスラム情緒を味わう最高の場所で、アーチ形の柱が幾何学的に並び、アラブ無限
連続模様の、オンパレードだった。宮殿で一番気に入り去りがたい所だった。

ライオンの庭を挟んで、アベンセラヘスの間と、もう一方に2姉妹の部屋が有り、
それぞれメカラべ(鍾乳石状の装飾)と呼ばれる丸天井に特色の有る部屋、2姉妹
の部屋の奥に、ダハラの見晴台が有った。王宮の女性たちは、王以外の男性を見る
事ができず、ここから外の景色を楽しんだという。

ハレムという想像の世界が有り、女性同士の嫉妬など、今も昔も変わらない人間
模様までが見えてくるようだった。

バルタンの庭園、貴婦人の塔と誰が名付けたか、王宮には美しい名で呼ばれている
所が沢山有った。

アルカサバ(要塞)ここは13世紀にできた要塞で、宮殿内では、一番古く、今は
廃墟となり、見学は出来ない。昔は24の塔が有ったとか。  🍀 明日に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラメンコの踊り子は家族全... | トップ | ムーア人が異郷に残した 最... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。