私の 37か国の 旅日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

自然が溢れるタスマニア島

2016-10-29 10:27:57 | 日記
タスマニア最古の石橋を渡り、川岸の散歩道の草花を愛でながら、カメラで
周りの風景を撮り散策をした。自然が、そのまま残りのんびりした風景が、
そこには有った。

今日の宿泊は、昔の邸宅を一部改修したリッチ・ホバート・ホテル。
ホテルの前にはサッカー場が有り、試合が有る時は合宿場にも使われていた。
セピア色の写真を観ているような、味わいのあるホテルだった。

12月6日

入り組んだ入り江の美しい、ポートアーサーへバスで向かう。
海の色は紺碧で、真上からの太陽を受けた、海は目に眩しかった。

タスマニア島の歴史は、イギリスからの囚人無くしては語れない島だった。
今は廃墟となった大きな刑務所跡を見学した。そこに残る教会や、病院、
郵便局跡からは、ここで暮らした囚人達が、人間らしく生きられたんだと、
昔を偲び、ほっとするものを感じた。

囚人達の過酷な労働の基に開拓されたタスマニア島だった。

バリラベイのレストランで昼食。ここはカキの養殖場で見学後食事。
日本のカキの育て方とはちょっと違っていた。小粒だがクリーミーな、
ここでしか味わえない美味しいカキだった。

ホバートの中心地に戻り、クジラの解体作業場として、使われていた倉庫跡
など残る、サマランカンプレイを散策。ここにも日本料理店があった。
日本からの遠洋漁業船が、物資の補給のため、この街に立ち寄る。

❤ 明日に続く。豊洲や東京五輪の難題に立ち向かう小池知事にエールを。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タスマニア島へ(オーストリア) | トップ | 家庭料理を 祖母と嫁さんが... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。