私の 37か国の 旅日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

オールドローズは低温で半月早く出会えなかった

2016-10-19 16:56:05 | 日記
これは、草花の種族を絶やさないためで、自然に対する思いやりと、余裕を
感じた。私は、余りにも、このことに鈍感すぎて、心を無くしていた。

パンプトン・パレスの庭は、草花木のトピアリーが並び、花が咲き乱れ、昔
のままの庭園が残され、手入れも行き届いていた。ハーブの香りが漂う。

ロンドン市民が、最ものどかで美しい庭園の一つに選ぶほど、観る物の心を
捉えてしまう、美しい庭だった。

1514年、大司教ウオルジーが、建てた物だが、この英国一の豪邸を気に
入り生涯の大半を、ここで過ごした。

次に、世界的に有名なキューガーデンに到着、バスを降りて園内を散策。
ロンドンの南西16K。王立植物園で、敷地内には約4万五千種の植物が
系統的に集められていた。余りの広さに、何処へ行こうか迷う。

そこで、クリスタルパレスの大温室へ。2世紀も前に作られ、植物の機能は
研究で有る、と植物のことなら何でも解る所。

庭師により、庭園のデザインや手入れが行き届いていた。バラを観るのも、
英国旅行の楽しみの一つだったが、今年は4月の気温が低く、半月程開花が
遅れていた。特にオールドローズの古木や古代種のバラの花が観れず残念。
バラは英国の気候風土に合った植物で、一度植えると手入れをしなくても、
何百年も枯れることなく古木となり残る。

芝生はふかふかのジュータンのように柔らかい感触で、一年中青々としてい
て手入れも簡単。この芝生を日本に持って行って植えても気候風土に合わず
根付かないという。❤ 明日に続く。会津の見知らづ柿が、農園から届く頃。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テムズ川クルーズは 感激の... | トップ | 大英博物館で観た物は・・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。