私の 37か国の 旅日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

モンゴル人は結婚が早いが離婚が3分1

2017-05-20 09:53:01 | 日記
ウランバートル市内に入り、ボグドハーン宮殿博物館に行く。
     
     第8代活仏の冬の宮殿だった。建築様式は、釘を一本も使わない
     木組方式。当時の生活用品、衣装、曼荼羅、仏像が展示されていた。
     沢山のサンゴや真珠で飾られた、豪華な衣装や装飾品は、海の
     無い国、モンゴルの王様の贅沢品だったのかな。

     女性クラフトセンターを訪問。モンゴル人は結婚が早い。
     男性は18歳から23歳、女性は17才から21歳で結婚するのが
     普通で、既婚者の3分の1が離婚をする。
     子供を抱えての生活は大変。女性が自立するため職業訓練所で、
     主に、美容師、洋裁、編み物などを習う、女性の為の国立専門学校。

     羊から取るカシミアは、私はインドのカシミール地方で取れる羊毛
     かと思っていた。でもそれは違い、羊のお腹の柔らかい毛を集めて
     作った製品をカシミアと呼ぶ事を知った。
     モンゴルのカシミアのブランド名は「ゴビ」

     8月11日(金)

     雨が降ったり、止んだり、陽がさしたりで、一日中目まぐるしく天気
     が変わる。モンゴルの虹は雄大で素晴らしいので、虹を見て帰りたい。
     天の神様は希望を叶えてくれるだろうか、と空を見上げた。
     残るは後一日。

    
     🍀明日に続く。 
     
     
     
     
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本兵の墓地の方角に向かい合掌 | トップ | ウランバートルの行程は忙し... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。