就職活動 軸、就職活動をスムーズに運ぶための軸とは?

就職活動をスムーズに運ぶためには、どんなことをするのかをあらかじめ調べて対策をしておくことが大切です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NGOへのエコ就職

2015-04-01 10:57:49 | 就職先の希望

 昨今の就職活動の傾向として、エコな業種への人気があります。環境学部など、エコ関係の大学の学部も人気です。それだけ必要性もありますし、環境問題に関わる仕事を希望する人が増える要因になっています。


 エコに関わる仕事は、様々あり、働き方も色々です。就職のパターンには、いくつかの種類に分けられます。就職先を、エコ関係の仕事に携わっているような民間の企業にするというのが1つです。


公務員に就職することで、官公庁の環境維持の仕事をするという方法もあることでしょう。


三つ目は、財団法人に就職する方法のほか、NPO法人に就職するという方法もあります。



 NPOとは非営利組織の略語であり、取り組む問題の内容や規模は組織によって様々です。個々のNPOは、エコや災害など色々な問題に対処するために、必要な活動をしている団体です。


国内の様々な場所に独自のNPO法人があり、エコに関わっている団体も多いので、エコ就職にはうってつけです。ただし非営利組織である多くのNPO法人では、資金繰りに苦労している場合があり、中には給与がほとんど出ないというケースもあるようです。


それでも構わないのでエコ分野に関わる仕事に就職したいという人には、NPO法人は魅力的な仕事となるでしょう。


NPOで働く人の中には、基礎的な知識や、必要な技術を身につけた上で、何年か後にはエコに関わる会社に再就職して自分の能力を活かしたい人もいます。



 エコ分野への就職は、まだまだ新しい分野なので、まずは経験をつんでから、ステップアップするのが、一番確実な方法ともいえます。




この記事をはてなブックマークに追加