三重大学 青木直人の論文捏造、不正

三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科の青木直人准教授による論文捏造、研究不正事件の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【中日新聞】准教授が論文データねつ造か 名大、三重大が調査へ

2011-02-14 | メディアによる報道
2011年2月27日 22時11分
【中日新聞】准教授が論文データねつ造か 名大、三重大が調査へ


【社会】

准教授が論文データねつ造か 名大、三重大が調査へ
2011年2月27日 22時11分
 三重大大学院生物資源学研究科の男性准教授が書いた論文10本にデータのねつ造や改ざんの疑いがあることが分かった。准教授は以前、名古屋大に所属しており、三重、名古屋両大学はそれぞれ委員会を設置し、調査に乗り出すことを決めた。
 両大学関係者によると、准教授は分子生物学、食品機能化学が専門。1992年から2004年まで名大で助手をした後、三重大助教授(現在の准教授)に就任した。1996年から2010年にかけて執筆した論文の中で、別の実験で得た画像を流用したり、データを都合良く書き換えた疑いがあるという。
 今月に入り、「准教授の10本の論文に66カ所の不正がある」とする情報がインターネットで広まり、同様の告発文が文部科学省や名大、三重大に届いたことから、両大学は「調査の必要がある」と判断した。
 10本の論文は海外の専門誌などに投稿されている。日本学術振興会を通じて国の科学研究費、補助金を受けた研究もある。本紙の取材に対し、27日までに、男性准教授から回答は来ていない。
(中日新聞)




【中日新聞】准教授が論文データねつ造か 名大、三重大が調査へ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011022790221148.html


魚拓によるニュース記事のコピー
http://megalodon.jp/2011-0228-0905-23/www.chunichi.co.jp/s/article/2011022790221148.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 【読売新聞】 三重大准教授、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。