三重大学 青木直人の論文捏造、不正

三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科の青木直人准教授による論文捏造、研究不正事件の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青木 直人

2011-02-17 | 青木直人
科学研究費補助金データベース

青木 直人
アオキ ナオヒト Aoki, Naohito
研究者番号:40242846
研究者リゾルバーID:1000040242846



研究課題申請書・報告書記載の所属
2009年~2010年 : 三重大学 / 生物資源学研究科 / 准教授
2008年 : 三重大学 / 准教授
2007年~2008年 : 三重大学 / 大学院・生物資源学研究科 / 准教授
2007年 : 三重大学 / 助教授
2006年 : 三重大学 / 大学院生物資源学研究科 / 助教授
2004年~2006年 : 三重大学 / 生物資源学部 / 助教授
2001年~2004年 : 名古屋大学 / 生命農学研究科 / 助手
1999年~2003年 : 名古屋大学 / 大学院・生命農学研究科 / 助手
2000年 : 名古屋大学 / (連合)農学研究科 / 助手
1997年~1999年 : 名古屋大学 / 農学部 / 助手
1993年~1994年 : 名古屋大学 / 農学部 / 助手


三重大学教員紹介ページにおける疑惑著者のプロフィール
部局「生物資源学研究科」   
学科・専攻「生物圏生命科学専攻」   
講座「生命機能科学」  
所属学会「 日本農芸化学会 日本栄養・食糧学会 日本生化学会 日本肥満学会 日本酪農科学会」


名古屋大学大学院生命農学研究科 分子生体制御学研究分野
疑惑著者が2004年6月まで在籍していました。


Max Planck Institute of Biochemistry
疑惑著者が1995年から1997年まで留学していました。ボスProf. Axel UllrichはインスリンレセプターやEGFレセプターのクローニングを始め一貫して細胞内シグナルトランスダクション研究を続けています。現在は専ら抗ガン治療薬の開発に興味があるようです。


筑波大学遺伝子実験センター
疑惑著者は、宮崎研(宮崎均教授、循環器生化学)と1997年来コラボレーションをしています。


京都大学大学院 農学研究科 食品生物科学専攻 栄養科学分野
疑惑著者が、研究者としての礎を築いて頂いたところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”論文番号”と”指摘項目番号”... | トップ | 三重大学+名古屋大学 論文捏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。