獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[読売新聞] 「論文不正」調査委独協医大が初会合

2011年01月24日 | メディアによる報道
[読売新聞] 「論文不正」調査委独協医大が初会合

「論文不正」調査委独協医大が初会合

 独協医科大(壬生町)の教授らの研究論文にデータ捏造(ねつぞう)などがあったとする告発文を受け、同医大が設置した調査委員会(委員長・寺野彰学長)の初会合が9日、開かれ、論文の執筆にかかわった50歳代の教授から事情を聞いた。初会合は完全非公開で3時間以上にわたって行われ、調査委のメンバーや聞き取った内容などは一切公表されなかった。同医大総務課は「今日は何も話せない」と説明した。

(2011年2月10日 読売新聞)





http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20110210-OYT8T00033.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [読売新聞] 「論文不正」補助... | トップ | 研究論文・不正告発問題 教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む