獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Dr次元さまよりコメント 獨協医大

2011年01月24日 | 論文撤回Watch

 

Dr次元さまよりコメント 獨協医大

written by Retraction Watch / 2011.10.17 01:40 

 

久しぶりにDr次元さまより

コメントを頂ました。

 

Dr次元さまの警笛が功を奏し、

Diabetologiaに掲載された獨協医大の論文が撤回になる予定とのことです。

 

以下7月14日に Dr次元さまが

Diabetologia編集長のDr Naylor

に宛てたメールの一部

 

Dear Dr J Naylor 
 
Recently, I found that you retracted Dr. Hattori's paper "Diabetologia. 2005 Jun;48(6):1066-74.". 

In addition, I found another image manupulation by Dr. Hattori in another Diabetologia paper ( 2010;53:2256-63.). 

Please compare Figure 2C image in the above Diabetologia paper (2010) and Figure 1B in the Cardiovascular Research paper.
Reversed image of band image in Figure 2C in Diabetologia paper (2010) is very similar to the band image in Figure 1B in Cardiovasc Res. paper (2009). 
 
I hope you find the attached jpg file on the image manupulation informative

 

そしてすぐに返事がくる。 

 

Many thanks for your email of 7th July. We are in fact already looking into the two papers you mention, and I'll let you know the outcome of our investigation

 

 

すでに検証は始めているとのこと。Dr次元さま以外に先に警笛を鳴らした人がいたのでしょうか。

 

そして今回、撤回にもっていくという返事。

 

Dear Dr Jigen 

I just wanted to update you with regards to the article published by Hattori et al in 2010. The concerns you raised were confirmed by an independent adviser to the journal. We gave Dr Hattori several opportunities to respond to these concerns, but heard nothing. We will now proceed with retracting the Diabetologia article. 

Many thanks for bringing this matter to our attention. 

Kind regards 

Judy 

 

撤回になる予定の論文は

こちら

Diabetologia. 2010 Oct;53(10):2256-63.  A glucagon-like peptide-1 (GLP-1) analogue, liraglutide, upregulates nitric oxide production and exerts anti-inflammatory action in endothelial cells.

Hattori Y, Jojima T, Tomizawa A, et al,

 

 

なにが問題だったかというと

 

 

[画像: ]

 

 

この図は以前に論文撤回Watchで紹介しました。

 

Dr次元さまの多くのサイトがこのところ

全く更新されていないので

心配しておりました。

 

今回、コメントを頂いたことで少し安堵しましたが、

Dr次元さまには、今後も益々ご活躍して頂きたいと

思っております。

 

 

 

written by Retraction Watch / 2011.10.17 01:40

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文#1 | トップ | 学術研究振興基金における不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む