獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

獨協内分泌代謝の撤回4論文

2011年01月24日 | 論文撤回Watch

獨協内分泌代謝の撤回4論文

Retraction Watch / 2011.08.26 09:26 / 推薦数 : 1

獨協医大内分泌代謝内科の撤回された4本の論文について

詳しく掘り下げます。

 

まず、最初のペアー

Diabetologia論文

Metabolism論文

を比べます。

 

Diabetologia論文

の論文受理日は、2004年11月9日

掲載許可日は、2005年2月8日

オンライン発表が 2005年4月30日

論文撤回発表が、2011年5月17日

 

Metabolism論文

の論文受理日は、2004年8月4日

掲載許可日は、2004年10月25日

オンライン発表が 2005年3月23日

論文撤回発表が、2011年6月15日

 

責任著者は両論文とも同一人物です。 

 

責任著者はMetabolism論文掲載許可の通知を受けた後

Diabetologia論文

を投稿した可能性が高いと考えられます。

 

Metabolism論文の著者は3名で

すべて獨協医大内分泌代謝内科

 

一方 Diabetologia論文の著者は

上記3人に加えて、

獨協医大分子生物学1名と

米国コーネル大学の1名、計5名。

 

Diabetologia論文の撤回は、編集長の判断によるもの、

(すなわち、著者らの要求によるものとの記載はないし、また著者らが撤回に同意したかどうかも記載はない)

一方

Metabolism論文の撤回は、責任著者の要求によるもの

となっています。

 

Metabolism論文の撤回理由は明白に記載されていません。

This article contains material that has appeared in Diabetologia, 48 (2005) 1066–1074.

 

と記載されていますが、

仮に、

Diabetologia論文にだけ、データ改ざん等の不正、

あるいは、図の再利用があり、かつ

Metabolism論文には、何ら問題なし、

となると、

Metabolism論文は先行論文でもあるため、

撤回する理由は、ないことになります。

 

責任著者が、撤回するに値する何らかの理由があることを

認めていると判断するのが

妥当かと考えます。 

 

8月も残すところわずか。

 

獨協医大の調査委員会は7,8月ごろには調査結果を公表する、とされていましたが、どうなっているのかしら。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文#1 | トップ | 学術研究振興基金における不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む