獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誠意と節度をもった医療

2011年01月24日 | 論文撤回Watch

 

 

誠意と節度をもった医療

Retraction Watch / 2011.12.20 00:19 / 推薦数 : 2

「誠意と節度をもった医療を」

これは獨協医大内分泌代謝内科のモットーのようです。

R

 

ひさしぶりに獨協医大内分泌代謝内科です。

 

撤回された論文は

Diabetologia. 2010 Oct;53(10):2256-63. Epub 2010 Jul 1.

A glucagon-like peptide-1 (GLP-1) analogue, liraglutide, upregulates nitric oxide production and exerts anti-inflammatory action in endothelial cells.

Hattori Y, Jojima T, Tomizawa A, Satoh H, Hattori S, Kasai K, Hayashi T.

Source

Department of Endocrinology and Metabolism, Dokkyo University School of Medicine, Mibu, Tochigi 321-0293, Japan. yhattori@dokkyomed.ac.jp

 

 撤回のアナウンスです。

 

This article has been retracted by the Editor-in-Chief of Diabetologia following the discovery of redundant publication (part of Figure 2c was previously published in Cardiovascular Research)

 

この説明を補足する意味で 再度、問題の図を紹介します。

撤回のアナウンスに「左右反転」という説明があれば、

ここで図を紹介する必要はなかったのですが、、、 

 

Dr次元さまを含めた一般の読者が

雑誌社に対して警笛を鳴らした

ことが撤回の引き金となっています。

 

警笛を鳴らした方と

それに応じたDiabetologiaの編集部

に敬意を表します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文#1 | トップ | 学術研究振興基金における不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む