獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3本一気に!獨協医大

2011年01月24日 | 論文撤回Watch

written by Retraction Watch / 2011.09.18 00:54

 

3本一気に!獨協医大

獨協医大代謝内分泌内科の研究グループからの論文3本

が一気に撤回されました。

 

雑誌Cardiovasc Res 最新号に撤回のアナウンスがなされました。

 

3本の撤回論文は、

Cardiovasc Res. 2009;81(1):133-9.

Cilostazol inhibits cytokine-induced nuclear factor-kappaB activation via AMP-activated protein kinaseactivation in vascular endothelial cells

Hattori Y, Suzuki K, Tomizawa A, Hirama N, Okayasu T, Hattori S, Satoh H, Akimoto K, Kasai K.

Source

Department of Endocrinology and Metabolism, Dokkyo University School of Medicine

Cardiovasc Res. 2004;63(1):31-40.

NO suppresses while peroxynitrite sustains NF-kappaB:

paradigm to rationalize cytoprotective andcytotoxic 

actions attributed to NO

Hattori Y, Kasai K, Gross SS.

Source

Department of Endocrinology and Metabolism, Dokkyo University School of Medicine

Cardiovasc Res. 2002;54(3):649-58.

Statin enhances cytokine-mediated induction of nitric oxide synthesis in vascular smooth muscle cells.

Hattori Y, Nakanishi N, Kasai K.

Source

Department of Endocrinology and Metabolism, Dokkyo University School of Medicine 

 

3本とも原論文は無料で読めます。

 

3本とも撤回は雑誌社によりなされました。すなわち、著者らの要求による撤回ではないと、解釈できます。

明らかにデタラメ、インチキな論文は、著者の同意がなかっても雑誌社は撤回できるのです。

 

また詳しい解説は、Dr次元さまのサイトで読めます。

2009年論文の解説はこちら

2004年論文の解説はこちら

2002年論文の解説はこちら

 

これで 獨協医大 代謝内分泌からの一連の撤回論文は

合計7本となりました。

 

written by Retraction Watch / 2011.09.18 00:54

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文#1 | トップ | 学術研究振興基金における不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む