獨協医科大学の研究不正問題

獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿の疑惑追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

論文捏造 case 8 (International Journal of Cardiology誌)

2011年01月24日 | 論文捏造
論文番号 著者名 論文タイトル名 発表雑誌名 巻、号 ページ 出版年
論文#1 Aoki C, Nakano A, Tanaka S, Yanagi K, Ohta S, Jojima T, Kasai K, Takekawa H, Hirata K, Hattori Y. Fluvastatin upregulates endothelial nitric oxide synthase activity via enhancement of its phosphorylation and expression and via an increase in tetrahydrobiopterin in vascular endothelial cells. Int J Cardiol. [Epub ahead of print] [Epub ahead of print] 2011



(A)- 指摘項目No.35
論文1のFigure 1(A)の上から2段目のp-Ser1177 eNOSの画像の右5列分の画像は、
同論文1のFigure 1(A)の上から3段目のp-Ser633 eNOSの画像の右5列分の画像と、
類似しており、さらに、どちらの段の画像についても、左から1列目の画像と、その他5列分の画像が連続しておらず、つぎはぎされた編集の痕跡が確認できることから、
画像の流用(データの捏造)が疑われます。

(A)- 指摘項目No.36
論文1のFigure 1(B)の左上のeNOSの画像と、右上のeNOSの画像が
類似しており、画像の流用が疑われます。



↓上記論文#1のFigure 1 (画像クリックで高解像度の画像を表示できます。)


© 2010 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
International Journal of Cardiology (2010)
Fig. 1. (A) Fluvastatin-stimulated endothelial nitric oxide (NO) synthase (eNOS) phosphorylation at Ser-1177 and Ser-633 in HUVEC. HUVEC were treated with fluvastatin (1 μM) for
the indicated times, and cells were lysed, and then immunoblotted with anti-phospho-Ser-1177 antibody and anti-phospho-Ser-1177 antibody and nonphosphospecific anti-eNOS
antibody. (B) Cells were pretreated for 30 min with 100 nM wortmannin (WT) or with 500 nM KT-5720 (KT) and were treated with fluvastatin (1 μM) for 15 min and
immunoblotted. Similar results were obtained in three independent experiments.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論文捏造 case 9 (BBRC誌) | トップ | 論文捏造 case 7 (Life sci... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む