◆セカンドライフ◆ 恵那で楽しく田舎暮らし

串原は、国道無し・信号無し・コンビニ無しの限界集落
ここで見つけた古民家で、スローライフを始めました

カボチャにいちご

2013年10月31日 | 畑作業
スカッと晴れない日が続きます



ポットに仮植えしていた、いちごの苗を定植しました

ランナーから取った物は3年目のもあり

少しづつ新しい物とも代えていかなくちゃと

買ってきた苗も混ぜました

に「おまかせ!」と苗の購入を頼んだら

「とよのか」が1本と「早生宝交」が5本でした
(意図のわかりにくい選択ですね)

植えてみたら、まだ4本ほど植えられそうなので

また買ってくる予定です

自分で種を蒔いたタマネギはまだか細くて

「大丈夫~~?」という感じですが

ホームセンターで「本日限り!」という半額で売っていた苗を見つけ

思わず買ってしまい



早々に植えました。大きい苗でした



本日はハロウィン





「お菓子くれなきゃ、いたずらするよ!」と

子供がお菓子を集められる日です

この地区にも、おもしろい習わしがあります

中秋の名月の日に行われるのですが

この日の夜、外にお月さまへのお供えの他に

たくさんのお菓子を置いておくそうです

すると、各家を子供たちが訪れ

置いてあるお菓子をもらっていくということです

この日だけは、よそのお宅のお菓子をかってに持ち帰っても

怒られない日として、昔から続いている習わしです

お年寄りが多い地域ですが

それでも数人の子供がいます

今年も近所のおばあちゃんが

玄関脇にススキとコスモスを立て、隣にお菓子を置いておいたら

お母さんに手を引かれた子たちが来たよ、と教えてくれました

こういう、子供たちにとって楽しい行事は

いつまでも守っていきたいですね

我が家も来年は、お菓子置いておこうかな
(お母さんに、うちにも来てねと連絡しなくちゃね)


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行 日程4日目

2013年10月30日 | 大人のお出かけ
韓国旅行最後の日を迎えました

ホテルをチェックアウト後、朝食場所に移動しました

メニューは「ソルロンタン(牛骨を煮込んだスープ)」

味もアクセントがなく、小皿のオカズもお変わりが頼めなくて

最後なのに、残念な食事内容でした


予定の景福寺(キョンボックン)の王宮守門将交代式は休みだったため



大統領府と



青瓦台(サランチェ)を見学

その後は時間合わせのため

たまたま大統領府前広場で行われていた



軍人さんたちの演武(?)をいくつも長々と見学させられました

こうして徳寿宮(トクスグン)の交代儀式の時間を待ち、移動



こちらは観光化されていて、希望した女性が衣装を着て参加したり

最後に「写真タイム」が設けられ、守門将と一緒に記念撮影ができたりしました


こんな半日を過ごすなら、フリーになり

仁寺洞(インサドン)の街を歩きたかったぁ・・

ここの雰囲気好きなんです


さてすべての観光を終え、お約束の韓国土産物店に寄り

ここでウォンを使い切り

空港へ向かいました

帰りは1時間半の飛行でセントレアまで帰れます


心配していた母も初めてに海外旅行のわりには

私たちより先にサッサと歩いて行ってしまうし

ものおじしない性格は案外韓国に合っていたりして

楽しそうに過ごしていました

元気もまだ有り余っていたようで

「私会員証持っているから、帰りにコストコに行く?」と

疲れきっていた私たちは、低調にお断りしたしだいです


観光と言ってもいかにも韓国という

南大門や東大門、ソウルタワーなどには行っていません

屋台を冷やかして回る楽しさもほんの少し

また、すぐにでも行きたいという気持ちになりました



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅行 日程3日目パート2

2013年10月28日 | 大人のお出かけ
途中トイレ休憩を入れながら、ソウル市内に到着

真っ先に行ったのが梨泰院(イテォン)にある、お土産屋さん
(同じ梨泰院なら革製品のお店に行きたかった~)

トイレだけ借りて、皆さん何も買わずにバスに戻ります

旅慣れている人が多いので

まんまと旅行社の思惑に引っかかり

高い品物を買う人はいません

それどころか、ぎっしりの行程に少しずつ不満を持ち始め
(こういう予定とわかって申し込んでいても、かなりのハードさに)

今夜は24時間やっているロッテマートに行く!というグループ

夕飯もキャンセルして、行きたい宝石屋に行く!というグループ

私たちも、行く前はこの日しか「屋台」に行く日はないねと話していました



土産物屋の後は世界遺産の「宋廟(チョンミョ)」へ



専門ガイドさんと回りました


その後は免税店へ

市内の目抜き通りはちょうどデモが行われていて大渋滞

予定のロッテでなく新羅(シーラ) デューティ フリーへ

ここで、頼まれていた化粧品を購入


夕食場所へ移動中、なんと!ここで係員さんから

「マッサージ希望の方はホテルまで送迎付きです」とパンフレットを配り始めました

母と私は「足のマッサージかぁ・・」と迷う・・

一番後ろに座っていたダーリンからの伝言ですと、係員さんが

「行くから好きなメニュー選んで」と

振り返って見ると「いいよ!」と言ってます

今夜は明洞(ミョンドン)から1時間も離れているホテルです

マッサージに行く人は夕食後、直で明洞に行き

終了後ホテルまで送ってくれるというのです

明洞を散策するのも待っていてくれるとか!

思いがけず、今回は行くことはできないと思っていた明洞に行けます


夕食はサムギョプサル(豚の三枚肉の焼き肉)

固まりのまま焼いて、鋏で切ると思っていたのに

すでに切ってある物が鉄板に乗っていました

夕飯をキャンセルする!と言っていたグループは

ホントにいませんでした


食後、迎えにきていた車にマッサージ班は乗りこみます

私たち3人を含み7人が参加しました

と母はフットマッサージを

私は上半身のマッサージのコースにしました

終わってから、フラフラと明洞を散策し

相変わらずの賑わいと活気に「あ~韓国に来たな」と実感できました

屋台を何カ所か見て、値切って買い物もし

またエステ店に戻り、ホテルまで送ってもらいました



3日目のホテルは「ロッテホテルワールド 江南(カンナム)」

私は2台のセミダブルの間のエキストラベッド・・・

同じロッテホテルなら明洞にあるのでも、良かったのでは・・

そう思った人は多かったでしょう











コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

旅行 日程3日目

2013年10月27日 | 大人のお出かけ
韓国3日目の朝食はホテルでのバイキング

でも、7時の開店時には

すでに荷物を持ってロビーに集合し

食事が終わり次第出発という、落ち着かないバイキング・・



今日はホテルから見える、あの山まで行きます


雪岳山(ソラクソン)国立公園までバスで移動

この紅葉の時期はロープウェイがすごい混雑

予約はできず、係り員さんが並んでチケットを取らなくてはいけません

すでに2時間待ち

待っている間に乗り場からほど近い「神興寺(シヌンサ)」に観光に



ここへいく間にも、林の中でリスを見かけました


ようやく、乗られる時間が来て

5分ほどで登ります



中腹にきて紅葉が見られました

ロープウェイを下りてから、15分ほど歩いて頂上を目指します



ブナの多い林の間を歩いて・・・

到着したのは、標高800メートル





岩の山

不思議な空間です

日本にはない山の風情です


帰りも当然、混雑の中下りてきました


下りてからは雪岳山名物の「豆腐定食」を昼食にいただきました

名物だけあって「オモニ(おふくろ)の豆腐料理」と書かれたお店がいっぱい並んでいます


食事をとったら、一路ソウルを目指します

4時間の予定です


一日目の春川までは冬ソナの影響で、日本人も来る人は多かったようです

でも、2日目・3日目の行程は

日本人がツアーで来ることはほとんどないとの事
(ソウルから遠いですからね・・)

だから、このツアーの参加者さん達は

韓国のリピーターが多く「行ったことのない所まで行ける」

ということで参加した人が多いようでした

どうりで、名所のパンフレットも日本語版がなかったわけですね


この日のソウルへ戻ってからの、紹介はまた後日のお楽しみ・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行 日程2日目

2013年10月26日 | 大人のお出かけ
韓国で迎える朝

ロビー集合が7時半

毎日ホテルが変わるので、スーツケースの整理と移動が大変です!

6時半に部屋の電話が鳴り響きました

「ヨボセヨ」(と、一応韓国語で出る私)

係員さんのはからいのモーニングコールでした

まずは、バスで15分ほどの食堂で「韓国式朝定食」を

その後、忠州湖に移動し

1時間ほど遊覧船に乗り、湖畔から紅葉を眺めます



まだ、少し紅葉には早いようです

後半は船内が急にカラオケ大会に!

韓国の人のお楽しみのようで

以前は観光バスの中でも歌い踊るのが当たり前だったらしいですが

事故が多く、禁止になったとか・・

しかし、観光船でカラオケをするという考えは日本にはありません

韓国人は当たり前のように、リクエストして歌っています

船長も船の運転はそっちのけで(前を向いていてよ!)

慣れた感じで司会をし、観客を沸かせています(せめて舵は持ってよ!)

私たち日本人にも、カラオケ本が回ってきましたが

誰も歌いませんでした


その後、バスに乗り直し移動

途中で昼食をとりました。山菜のビビンバでした(↓このお店)



またバスに揺られること2時間

韓国三神山の一つで紅葉の名所と言われる「五台山国立公園」の中の



「月精寺(ウォルジョンサ)」の観光

またまたバスで移動し

韓国の5千ウォン紙幣に描かれている「鳥竹軒(オジュッコン)」へ



その後雪岳山(ソラクサン)へ2時間かけて移動

夕食はこの辺りの特産物「松茸入りのプルコギ」



今回の目玉の一つで、楽しみにしていました

お土産用にと松茸を進められましたが

A級品だと1キロ5万円!(5万ウォンなら買った・・)買いませんでした

食後、またしばらく走って

今夜の宿は「雪岳ハンファリゾート」

前日と同じくリゾートホテルなので、マンション風でミニキッチン付き

オンドルも付いていたけど、こちらはベッド

個室にシングルが一つ

リビングにダブルが一つという作り

地下にスーパーがあると聞いたので、行ってみました

同じツアーの人も多く来ていました

自由時間が少なく、買い物する楽しみが今の所ないツアーのためか

皆さん同じ気持ちのようで、しばし買い物を楽しんでいました

お風呂は浴槽なしでシャワーのみ

疲れがとれたかどうかわからないような状態での就寝となりました



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加