◆セカンドライフ◆ 恵那で楽しく田舎暮らし

串原は、国道無し・信号無し・コンビニ無しの限界集落
ここで見つけた古民家で、スローライフを始めました

八戸

2012年11月30日 | 大人のお出かけ
今回の旅の目的は義父の7回忌の法要でした

お昼の会食をする予定のお店のマイクロバスが迎えに来て

少し離れたお寺に向かいました

そちらで、皆でお参り

卒塔婆を受け取り、またバスに乗り込みます

八戸市内を特別に回ってくれました

ダーリンも市内を回るのは、40年ぶりとか・・

そうですよね。帰省はいつも、急なお悔やみの時くらい

いつもとんぼ返りでしたから

ようやく時間のできた、私たちのためでした
(義兄が頼んでくれたようでした)


「八食センター」地元の人もよく使う、八戸の物産がすべて1カ所でそろう市場です

「八戸駅」新幹線も停車します



「蕪島」 神社があります



「種差海岸」花畑が海岸にあったり、広~い芝生広場があります

これらを見て、昼食場所のホテルに着きました

ここからも、海岸が見渡せました

どこも、40年前とは変っているそうです



夕方はの高校時の友人と会食



市役所近くの「八戸屋台村 みろく横丁」と

行きつけのお寿司屋さんを案内してもらいました

久しぶりに友好を深めた夜になりました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十和田湖

2012年11月29日 | 大人のお出かけ
フェリーで仙台に着き、1泊

東北自動車道にて、一路青森を目指します

せっかく、遠く東北まで行くのです

なかなか行けない所の観光もします

途中、秋田側に入り「十和田湖」へ






高村光太郎作の乙女の像も、ちゃんと見てきました


1週間ほど前にテレビの旅番組では、紅葉真っ最中でしたが

すっかり終わってました
(わかって、行ったのですけどね)

湖畔でヒメマスを使った料理で、お昼御飯



奥入瀬を見ながら、次は義兄おすすめの酸ケ湯温泉

混浴らしいのですが、お湯が白濁しているので「平気!平気!」ということで・・

ところが!  標高が高くなるにつれて景色が変わってきました


真冬です

この後、吹雪いてきて・・

道は通行止め

う回路を行っても、目的地は遠くなるばかり・・

時間ばかりどんどん過ぎ

これで温泉につかっていたりしたら、実家に着くのが遅くなります

温泉に行くのは、止めました
(混浴せずに済み、一安心)


青森では冬、太平洋側が晴れていると、山は雪というのが定説だそうです

やはり、北国

冬は厳しいようです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

故郷の味

2012年11月28日 | 大人のお出かけ
昨日、6泊7日の帰省を終え戻って来ました

何から話そうかなぁ~~?と迷うくらい、中身の濃い旅でした

私は実家も近く「ふるさと」が、無いようなものです

故郷で「家」を引き継ぎ、守ってくれている義兄夫婦

いつも一番下のダーリンを気にかけてくれる義姉夫婦

ダーリンの兄弟の優しさを感じる旅でもありました

懐かしい故郷の味をいっぱい用意して、もてなしてくれました

それらを、紹介しますね


まずはリンゴ

義姉のご主人の実家で採れた完熟のリンゴです

手前は、まだ市場に出ていない新種です


今年ようやくB-1グランプリで優勝できた「せんべい汁」

いちやく有名になってしまい、名古屋あたりのスーパーでも売っているのを見ます

手前はピーナッツの入った「南部せんべい」他には海苔や胡麻入りなどがあります

後ろ2つが、せんべい汁に入れる「おつゆせんべい」です

八戸市内にも、いくつものお店があり

みなさん好みがあり、固めが好きな人・フワッとしたのが好きな人

語らせれば、結構長いです・・

ここには写っていませんが(4袋買ったのですが、もう食べちゃいました!)

「せんべいのみみ」というのもあります

せんべいの型からはみ出た部分を集めて売っています

これも、食べだしたらやめられない素朴な美味しさがあります

みみだけが欲しくて買いに行くと「これだけが作れるわけじゃない」と言われてしまいます



食用菊も、産地です

生は11月いっぱいは食べられますが

あとは、さっと蒸して、乾燥させた「干菊」になります


秘密の県民ショーでも紹介された、スタミナ源のたれです

青森県民はとにかく、使うそうです

これらは、全部お土産に持たせてくれました

他にも、せんべい汁を始め

「ふすべ餅」(すりおろしたゴボウにお餅の入った、汁物。我が家のお雑煮もこれです)

「ほや」(海のパイナップルともいいます。韓国でも食べたけどこれがホントの味だそう)

「いちご煮」(ウニやアワビを入れた、豪華なすまし汁です)

握り鮨も、さすがに海の幸が豊富なだけあり

子持ち昆布やホッキ貝が普通にネタであり、蟹のほぐし身あり

ウニもミョウバンの苦みがなく、美味しい美味しい!

鯖も烏賊も新鮮!新鮮!


お義兄さん・お義姉さん  お世話になりました




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仙台上陸

2012年11月23日 | 大人のお出かけ
翌朝、日の出をみよう!と張り切って起きたのに



外は雨・・・・

水平線から登る朝日・・みたかったなぁ~~



21時間余りの船上生活を終え

仙台港に着きました

すでに日は沈み、どんどん暗くなってきてます

苫小牧まで行く人は、ここで三時間位留まります

かつては、その時間を利用して

近くのイオンや三井アウトレットモールに行ったりしたらしいですが

震災後の続く余震による、津波警報が出た場合

速やかに出港できるようにとの、安全策のため

下船はできないようです


私たちはマイカーに乗り換え

40分ほど走った、仙台駅前のビジネスホテル

ここがこの日の宿です

ビジネスホテルなのに、ネット環境が悪く

回線がいっぱいなのか、遅くて、繋がりません

夜はこの辺り1の歓楽街

国分町で、食事にしました

仙台は震災特需というのでしょうか

活気に溢れています

魚介類が美味しかったです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

船旅

2012年11月21日 | 大人のお出かけ
青森に向け、まず仙台まで太平洋フェリーにて出港しました

5時半乗船

7時出港

出港1時間前から、レストランは開きます

出港時点ですでにディナーは終わってました!

そのあとは、カンツォーネのコンサート

(?_?)何故か、途中は歌声喫茶のように、皆で二曲歌いました

それだけ、年齢層が高いです(;-_-+

オーソレミオは、高校の時に原語で習ったから

歌詞がわかりました

ケベラコーザ、ナイルナタエソーレ

覚えてるじゃん!

客室は真ん中に近いから、エンジンの振動がきます

寝られるかな?

まあ、明日の日中も暇だから

眠たかったら、寝てればいいか(ρ_-)ノ


では、行ってきまーす(^O^)/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加