◆セカンドライフ◆ 恵那で楽しく田舎暮らし

串原は、国道無し・信号無し・コンビニ無しの限界集落
ここで見つけた古民家で、スローライフを始めました

田植え日和

2017年05月20日 | 田舎生活
いい天気☀気温もどんどん上がり暑くなりました



この晴天の日に、下の家のSさん宅では

息子さんの友人家族を始め、知人たちが集まって

恒例の「田植え」が行われていました


昨年は雨で大変そうでしたが

今年は水に入っても気持ち良さそうです

もう1枚の田んぼは、すでにSさんが機械で植え終え

今日のために、植える位置の印をつけたり

バッチリ準備してありました

数えてみたら(!)13人が田んぼに入っています

「おたまじゃくし!」と騒ぎながらも

午前中には終わったようです

一方、少し離れた場所では

串原小学校の行事で生徒と父兄参加で

田植えをしていました

一時間程で、餅米の苗を植え終え

次の行事のサツマイモ植えに

マイクロバスに乗り、移動していきました


こういう行事でもなければ、手植えは見ることもなくなりましたね
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餌場 | トップ | 忘れる年頃 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水田の手植え (たびいくひと)
2017-05-21 07:16:33
おはようございます。
最近では、GPSを搭載した田植え機が、無人で田植えを
する風景も見られる時代になりましたが、手植えは
小学校のほとんどで体験田植行っているようで
手植えも多くなったのではないでしょうか(笑)。
Re:水田の手植え (hana)
2017-05-21 08:46:03
たびいくひとさん>
北海道のように広い土地では大きなトラクターとか
GPSつきとかは使い甲斐があるのでしょうが
中山間の狭い田んぼでは入ることもできなさそうです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL