西条新居浜神戸稲美 徳永勝二







写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本上空を通過

2017-08-29 08:49:45 | 対北朝鮮
8/29(火) 6:23配信

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本上空を通過

 北朝鮮は29日午前5時57分ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区から弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本政府は、北朝鮮からのミサイルが北海道・襟裳岬東方の太平洋上に落下したと発表。全国瞬時警報システム(Jアラート)は、北海道、東北、北関東などの住民に避難を呼びかけた。

 韓国軍合同参謀本部によれば、最大高度は約550キロ、飛行距離は約2700キロという。機体は中距離以上の弾道ミサイルとみられる。専門家の間では、中距離弾道ミサイル「ムスダン」や新型の弾道ミサイル「北極星2」(米韓の呼称はKN15)ではないかとの声が出ている。軍事関係筋によれば、北朝鮮は事前に航行禁止区域の設定などを行っていなかったという。

 金正恩(キムジョンウン)政権で、ミサイルが日本上空を通過したのは、2016年2月に「衛星の運搬用」と称する長距離弾道ミサイル「光明星(グァンミョンソン)」以来。国際社会が北朝鮮の核ミサイル開発に強く反発するなかでの発射で、朝鮮半島情勢は極めて緊張することは避けられない。

 北朝鮮は7月、大陸間弾道ミサイル(ICBM)2発を相次いで発射。国際社会が国連制裁決議などを通じて厳しく反発するなか、8月8日には、グアム島周辺へのミサイル発射に言及していた。

 韓国政府は29日午前7時、国家安全保障会議(NSC)を招集した。米国政府と緊密に連携し、ミサイルについて分析するとしている。韓国軍は北朝鮮の追加挑発について警戒態勢を強化した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清宮&安田も選出、U18W杯の高校日本代表発表 広陵・中村らドラ1候補ズラリ

2017-08-21 08:26:37 | スポーツ
8/20(日) 19:37配信
清宮&安田も選出、U18W杯の高校日本代表発表 広陵・中村らドラ1候補ズラリ

  日本高野連は20日、U-18W杯(9月、カナダ・サンダーベイ)に出場する高校日本代表20人を発表した。

 歴代最多タイとなる高校通算107本塁打の早実・清宮幸太郎内野手(3年)、第99回全国高校野球選手権で4本塁打を放っている(20日終了時点)広陵・中村奨成捕手(3年)らを選出。第1次候補に入っていなかった高校通算62本塁打の履正社・安田尚憲内野手(3年)も、大阪大会での活躍が評価されて代表入りを果たした。

 第1次候補で3人が選ばれていた2年生は、報徳学園・小園海斗内野手と、大阪桐蔭・藤原恭大外野手が最終メンバー入り。早実・野村大樹捕手は外れた。

 代表20人は以下の通り。※は今夏の甲子園出場選手。

 【投手】※木更津総合・山下輝(3年)※花咲徳栄・清水達也(3年)日大三・桜井周斗(3年)※中京大中京・磯村峻平(3年)※大阪桐蔭・徳山壮磨(3年)福岡大大濠・三浦銀二(3年)※秀岳館・川端健斗(3年)※秀岳館・田浦文丸(3年)

 【捕手】※広陵・中村奨成(3年)福岡大大濠・古賀悠斗(3年)

 【内野手】※仙台育英・西巻賢二(3年)東海大市原望洋・鯨井祥敬(3年)早実・清宮幸太郎(3年)日大三・井上大成(3年)履正社・安田尚憲(3年)報徳学園・小園海斗(2年)

 【外野手】※前橋育英・丸山和郁(3年)※横浜・増田珠(3年)※中京大中京・伊藤康祐(3年)※大阪桐蔭・藤原恭大(2年)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<スペインテロ>IS、モロッコに浸透 密航など往来容易

2017-08-20 13:35:59 | テロ
8/19(土) 23:52配信
<スペインテロ>IS、モロッコに浸透 密航など往来容易

テロがあったランブラス通りで、花束やろうそくを手向けて犠牲者を追悼する市民や観光客ら=スペイン北東部バルセロナで18日、AP
 【カイロ篠田航一、バルセロナ(スペイン北東部)賀有勇】スペインの連続テロ事件で、容疑者グループの多くがモロッコ系だったことが徐々に判明している。今回、事件への関与を主張している過激派組織「イスラム国」(IS)に共鳴する若者は北アフリカに多く、モロッコも「戦闘員供給国」の一つだ。ジブラルタル海峡でわずかに隔てられた両国間では密航も含めた往来が容易とされ、スペインの治安当局は背後関係の捜査を進めている。
 「不信心者を殺し、イスラム教に忠実な者のみ生かす」。スペインのメディアによると、今回のテロでワゴン車を運転していたとされるモロッコ系の容疑者は2015年ごろ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上での仲間とのやり取りで、「もし全世界の統治者になれたら何をするか」との質問にこう答えていたという。
 米情報企業「ソウファン・グループ」の統計によると、15年12月の時点でイラクやシリアのIS支配地域に渡航した外国人戦闘員は86カ国からの約3万1000人。このうちモロッコは1200人に上り、北アフリカではチュニジアの6000人に次ぐ規模だ。
 モロッコは中東・北アフリカ諸国の中では比較的治安が安定した国だ。一方、公式な失業率は10%前後だが、若年層に限れば25%に上るとの推計もあり、将来を悲観する若者が過激思想に走る土壌があるとも指摘される。15年11月のパリ同時テロ事件にも、モロッコ系ベルギー人らが関わっていた。
 モロッコ当局も警戒を強めており、今年6月には同国西部エッサウィラでテロを計画していたIS信奉者の男4人を拘束。拠点からは武器のほかISに忠誠を誓う文書が押収された。7月にはモロッコと地続きの港町でスペイン領のメリリャで、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫ぶ男が国境管理所のスペイン人警官にナイフで襲いかかる事件も起きている。
 スペインのテレビによると、12~16年にテロ計画への関与などで逮捕されたのは186人。このうち連続テロが起きたバルセロナとカンブリスのあるカタルーニャ州は62人で3分の1を占めている。逮捕者の多くはモロッコ系だった。港町バルセロナは麻薬の密輸ネットワークも活発とされ、こうした犯罪組織は「テロリスト予備軍」と重複したり連携したりするケースが多いという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松山、自己最高の2位復帰=男子ゴルフ世界ランク

2017-08-14 17:36:55 | スポーツ
8/14(月) 16:03配信

 男子ゴルフの世界ランキングが13日付で発表され、全米プロ選手権で5位に入った松山英樹はジョーダン・スピース(米国)と入れ替わり、自己最高に並ぶ2位に復帰した。1位はダスティン・ジョンソン(米国)。

 全米プロを制したジャスティン・トーマス(米国)は八つ上がり6位。谷原秀人は51位、池田勇太は70位。小平智は116位だった。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍事衝突「差し迫っていない」=北朝鮮情勢で米CIA長官

2017-08-14 17:32:16 | 対北朝鮮

8/14(月) 15:01配信

 【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は13日、米FOXニュースのインタビューで、北朝鮮情勢に関し「差し迫ってはいない」と表明した。

 北朝鮮が米領グアム島周辺に向けた弾道ミサイル発射計画を公表した中でも、軍事衝突が不可避な段階に至っているわけではないとの見解を示した。

 ポンペオ氏はインタビューで、北朝鮮は既に2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に踏み切っていると指摘。「さらにミサイル実験を行ったとしても驚かない」と述べ、追加発射は織り込み済みだと強調した。

 また、北朝鮮が米本土に到達可能な核ミサイル開発を「警戒すべきペースで進めている」と深刻な懸念を示しつつ、「核戦争の瀬戸際にいるかのように話す人もいるが、われわれがそうした場所にいることを示す情報はない」とも語った。

 グアム周辺へのミサイル発射計画公表を受け、トランプ大統領は「米領や同盟国に対して何かすれば(北朝鮮の指導者は)心から後悔することになる」と警告するなど、軍事的手段による反撃も辞さない姿勢を示してきた。ポンペオ氏も「(北朝鮮の)指導者が(トランプ氏の言葉を)正確に理解するよう望む」と述べた。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加