西条新居浜神戸稲美 徳永勝二







写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

年金制度改革法案 衆院委で可決

2016-11-25 20:17:39 | 行政

日本テレビ系(NNN) 11/25(金) 17:46配信
 年金支給額の上昇を抑えるため物価が上がっても賃金が下がれば年金額の削減を可能にする年金制度改革法案が民進党などが反発する中、25日午後、衆議院の委員会で採決された。

 怒号が飛び交う中、採決された年金制度改革法案は自民・公明・日本維新の会の賛成多数で可決した。民進党などは塩崎厚労相に対する不信任決議案の提出を検討するなど反発を強めているが、与党側は29日の衆議院通過を目指している。

 これに先立つ審議では、民進党議員の年金3割カット法案との批判に対して安倍首相が声をあらげて反論する場面があった。

 民進党・柚木道義議員「この“将来年金3割カット法案”を、強行採決をすると。そういう提案がすでになされております。今と未来の年金生活者を完全に無視することになりますよ」

 安倍首相「こんな議論をやってたんじゃ、何時間やったって同じですよ。確かに、そうやって非難すれば、年金に対する、我々の法案に対する不安をあおるかもしれませんが、皆さんだって、決して皆さんの信用は上がることはないですよ。はっきりと申し上げておくけど、民進党の支持率が上がるわけではないんですよ」

 年金制度を将来にわたって維持するためにどうするべきなのか。与野党の水掛け論が続いたまま法案は参議院に送られることになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元市場長ら18人処分=豊洲問題、自身も減給―小池都知事

2016-11-25 20:12:31 | 行政



時事通信 11/25(金) 14:15配信

元市場長ら18人処分=豊洲問題、自身も減給―小池都知事

東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、豊洲市場(江東区)の盛り土問題に関し、中央卸売市場の歴代市場長ら4人を含む幹部、OB計18人を減給とする懲戒処分を発表した。

 東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、豊洲市場(江東区)の盛り土問題に関し、中央卸売市場の歴代市場長ら4人を含む幹部、OB計18人を減給とする懲戒処分を発表した。

 内部調査報告書で責任者とされた8人以外に、都議会で事実と異なる答弁を行った幹部らも対象とした。

 処分は25日付。最も重い減給5分の1(6カ月)はOBの岡田至氏と中西充副知事ら市場長経験者3人と、元管理部長の塩見清仁オリンピックパラリンピック準備局長ら計5人。既に退職した人には「減給相当」として通知し、自主的な返納を促す。

 小池氏は「行政の手続きにおいて大きな瑕疵(かし)があった」と改めて批判。その上で「厳正な処分をしたことで、一つの区切りを付けたい。信頼回復に向けて、先頭に立って都政の改革を進めていきたい」と述べた。

 また、小池氏は「けじめをつける」として、自身も給与を5分の1(3カ月)減額することを表明。既に給与を半減していることから、減額後は6割減の月額約58万円になる。

 処分の対象となったのは(1)都の方針に反し盛り土を行わず地下空間を設置した(2)都議会で「敷地全域で盛り土を実施」などと事実と異なる答弁を行った(3)環境影響評価の変更手続きを怠った―のいずれかに関わった部長級以上の幹部。都は、当時の課長級職員8人に関しても訓告を行った。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加