西条新居浜神戸稲美 徳永勝二







写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本一早い一番竿 加東・闘竜灘 アユ漁解禁

2014-05-01 17:23:05 | 解禁
加古川中流の景勝地、加東市の闘竜灘で1日朝、和歌山県の日高川、有田川と並び日本一早いアユ漁が解禁された。
初夏の日差しが降り注ぐ中、午前中は約15人が一番竿の感触を楽しんだ。

険しい岩場が連なる闘竜灘はかって、急流をさかのぼる「飛びアユ」の名所として知られた。
下流の河川改修などの影響で天然アユが減った今は、加古川漁協(西脇市)が稚魚を放流している。

午前8時すぎ、体長10センチほどの稚アユ約2万匹が放たれた。
早朝から釣れそうな場所を選んで陣取った釣り客」らは、毛針を付けた竿でアユを狙った。
同漁協は「3日に闘竜灘周辺である『花まつり鮎まつり』の頃がよく釣れるのでは」と話す。

アユの放流は加古川本流や支流で7月中旬まで続く。
アユ釣りには遊漁証(1日2100円)が必要。
同漁協 TEL.0795・22・2572
コメント
この記事をはてなブックマークに追加