西条新居浜神戸稲美 徳永勝二







写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

与党過半数割れへ=第3党が躍進―韓国総選挙

2016-04-13 23:42:30 | 日韓関係

4月13日(水)18時15分配信

13日の韓国総選挙で投票する朴槿恵大統領=ソウル、大統領府提供

 【ソウル時事】韓国で13日に投票が行われた総選挙(定数300)は開票作業に入った。

 第3勢力の新党「国民の党」が躍進し、与党セヌリ党は過半数を割り込むのが確実な情勢となった。

 定数のうち選挙区は253で比例代表は47。MBCテレビによると、開票率42.3%の段階で、与党が114選挙区、最大野党「共に民主党」が98選挙区、「国民の党」が25選挙区でそれぞれリードしている。比例代表を加えても与党は130議席台前半にとどまる見込みだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の10億円拠出「少女像移転が前提」 慰安婦問題

2015-12-30 18:55:36 | 日韓関係
 「合意されたことは、しっかりフォローアップしないと」。安倍晋三首相は日韓両国が慰安婦問題で合意した翌29日、滞在先の東京都内のホテルで帰国報告した岸田文雄外相にこう告げた。首相の念頭には、ソウルの日本大使館前にある「少女像」の移転問題があったと見られる。


 首相は、岸田氏に24日、年内訪韓を指示した直後、自民党の派閥領袖(りょうしゅう)と電話した。少女像の移転問題について、「そこはもちろんやらせなければなりません。大丈夫です」と語ったという。

 少女像は、元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)が2011年に日本大使館前に設置。以来、日韓の対立点となってきた。日本は国内世論を悪化させるなどとして移転を求めたが、韓国は「像は民間が設置したもの」と譲らなかった。

 首相が少女像の問題にこだわったのは、自らの支持層の保守派への配慮からだ。「これができないと自分も厳しい。支持者がもたない」との思いがあった。

 少女像の交渉はもつれた。韓国にとっても挺対協の説得が難しいからだ。日本は、韓国が設立する財団に10億円を拠出する条件として、少女像の移転を主 張。韓国から像をめぐる内諾を得たと判断し、合意の決め手になった。複数の日本政府関係者によると、少女像を移転することが財団への拠出の前提になってい ることは、韓国と内々に確認しているという。

 外相会談後、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は記者会見で少女像の移転について「関連団体と話し合いを行い、適切なかたちで解決するよう努力する」と明言。だが、挺対協は「韓国政府が移転に介入することはありえない」と表明している。

 日本政府関係者はこう語る。「韓国がこれからかく汗の量は半端ではない」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り

2015-12-28 22:48:33 | 日韓関係

 【ソウル=森藤千恵】岸田外相と尹炳世(ユンビョンセ)外相は28日の会談後、慰安婦問題の合意を並んで表明したが、会談の正式な合意文書はなく、記者からの質問も受け付けない異例の形式となった。

 日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた。これにより、外相2人の発言で会談の成果を確認することとなり、両外相とも手元の紙を時折見つつ、一言一句、慎重に発言していた。

 外相会談が行われた韓国外交省前では、盾を持った警察官が、日本の植民地支配について謝罪や賠償を訴える市民団体約20人を取り囲み、ものものしい雰囲気となった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加