gooブログはじめました!暗い世の中面白話でみんな楽しく過ごしましょう。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ笑う門には福来る、縁起の好い亀吉と笑い話で楽しい日本作りを応援だ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本のわらい話 第24話 ふしぎなたいこ

2010年04月22日 01時05分37秒 | 日記
日本のわらい話 第24話

ふしぎなたいこ

ふしぎなたいこ

 むかしむかし、げんごろうさんという人が、ふしぎなたいこを持っていました。
 ひらベったい形のたいこです。
 表側をトントンたたいて、
「鼻、高くなあれ。鼻、高くなあれ」
と、いうと、鼻が高くなります。
 反対に、裏側をトントンたたいて、
「鼻、低くなあれ。鼻、低くなあれ」
と、いうと、鼻が低くなります。
 げんごろうさんは、人にたのまれると、トントンと、たいこをたたいて、鼻を高くしたり低くしたりしてあげました。
 ところがある日のこと、げんごろうさんは、ちょっといたずらをやってみたくなりました。
「トントントントンと、どこまでもたいこをたたいたら、おれの鼻はどこまでのびるのかな。どれ、ためしてみようか」
 そこで、ひとりでたいこを持って、原っぱへいってトントントントン、たたきました。
「鼻、高くなあれ。鼻、高くなあれ」
 すると、鼻はニョキニョキとのびて、腕の長さぐらいになりました。
 トントントントン、トントントントン。
 たたくたびに鼻はのびて、木よりも高くなりました。
 トントントントン、トントントントン。
 山より高くなりました。
 トントントントン、トントントントン。
 そしてとうとう、鼻の先が白い雲に届きました。
 雲の上は天国です。
 ちょうど天国の大工さんたちが、天の川の橋をかけているところでした。
 そこへ、げんごろうさんの鼻が、下からのびてきたのです。
 でも大工さんは、それが鼻だなんて知りません。
 うっかり材木とまちがえて、橋のらんかんにしばりつけてしまいました。
 さて、下の原っぱでは、げんごろうさんがビックリしています。
「あれっ! 鼻がつかえてしまったぞ。少しひっこめよう」
 今度は、たいこの裏側をトントントントン、トントントントンと、たたきました。
「鼻、低くなあれ。鼻、低くなあれ」
 ところが、鼻のてっペんはギュッとしばってあるので、鼻が短くなるたびに、げんごろうさんは、からだごと空へあがっていきました。
「ひゃあ、どうしてからだがあがっていくんだ!」
 げんごろうさんは大あわてです。
 トントントントン、トントントントン、たたいてたたいて、雲の上までのぼってしまいました。
 天国ではちょうど、昼休みです。
 大工さんたちは、昼ごはんを食べにいっていて、仕事場にはだれもいませんでした。
「なんだ、おれの鼻を材木とまちがえたのか。そそっかしいなあ」
 げんごろうさんは、なわをほどきました。
 鼻は元どおりで、やれやれです。
 でも、どうやって帰ったらいいのでしょう。
「困ったなあ」
 考えていると、足もとの雲が、風にふかれて動きました。
 雲のすきまから、ずーっと下に、青い青い湖が見えました。
「うわー! いいながめだな。・・・ああっ!」
 げんごろうさんは、足をふみはずしてしまい、まっさかさまに湖のまん中へ、
 ボッチャーーン!!
と、落ちました。
 何とか助かりましたが、このままではいつかおぼれてしまいます。
 げんごろうさんは、岸を探して一生けんめいに泳ぎました。
 ずーっと泳いでいたら、いつのまにか手と足がなくなって、さかなのようにひれとしっぽがはえました。
 そしてからだには、うろこがはえました。
 そしてついには、げんごろうさんは、げんごろうブナという、小さなさかなになってしまったのです。

おしまい

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本のとんち話 第25話暗... | トップ | 日本のわらい話 第25話 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。