・ ・ ・ ・ 泳がせ天国(●^o^●) ・ ・ ・ ・

鮎釣り時々磯と一眼レフ  







和歌山県日置川 小房の吊り橋 2015年5月30日撮影

古座川支流の小川へ

2006年07月30日 18時25分09秒 | 古座川

昨年生がきさんに連れて行ってもらった時は超渇水で日置川へ移動でした。

しかし今回は平水よりも少し高そうです^^

生がきさん家をPM11:00に出発して、大台の道の駅で初対面となるムッチーさんも

新車エスクードに乗り込み南下。

車内で生がきさんが「Fumiさんも、“飯抜き会”の仲間入りやね」

「また、BBQもおいでよ」って、お誘いありがとう^^

途中、古座川本流の一枚岩や上流のポイントを見てまわりました。
 一昨年前の画像です。

民宿やまびこさんに到着したのは、AM6:30頃。

やまびこには、生がきさんのお友達で“飯抜き会”のタマさんCOEさんもおられました。


ムッチーさんとCOEさんは“お宮さん”へ。

生がきさんと私は“山手”というポイントへ。

生がきさんは道路から降りて少し上流から、私はもう少し上流の鏡になったトロ場から!

沢山の鮎が見えてます。

仕掛けをして釣り始めると、既に生がきさんが私の後ろを ・ ・ ・ 。

さっき下流で竿だしとったやン! 悟空もビックリの瞬間移動ですナ^^

水温は24度

野鮎の近くへオトリをもって行くと、2~3回は寄って来ます。

これはオトリが代わったら入れ掛かりパターンやな!

30分程オトリを引きずり回して、やっと水中でキラキラ!

速攻で竿を立てたら、水中バラシ ゲロゲロ

早くもオトリ2号発進! 
オイオイ、今回はやたらと早いけどエエんかいな・・・

何といっても水がキレイな上に、鏡になってますから何もかも丸見えです。

見釣りの罠にハマっちゃいました。

オトリの弱り方が早いこと早いこと。

そしてやっと1匹ゲット (●^o^●)

それから、4連荘の入れ掛かりで気分爽快 (●^o^●)

このポイントの長さは40m位で手前は浅く小石、対岸は深くて大岩ゴロゴロ。

元気なオトリで、対岸へ泳がすとまたまたキュイ~ン!

しかし、これが岩に擦れてプッツリ ゲロゲロ

それからポツポツ掛かりますが、空中分解の2連荘。

極めつけは、対岸への根掛かり3連荘  ゲロゲロ
流石に2回目は泳いで取りに行こうかと思ったけど・ ・ ・ 。
3回目に関しては、言葉もゴザイマセン

時計を見ればPM1:00。

お腹が減ったけど、弁当は車の中。

車の鍵は生がきさんのポケットの中。

“飯抜き会”の仲間入りと言うのは、こういう事か?
恐ろしい入会の儀式?

空腹と睡魔に襲われ、新しい仕掛けをセットする力無し。

グ~グ~  (mー_ー)m.。o○ zZZZ

何処か遠い所で私を呼ぶ声が ・ ・ ・ 。

ぐっすり3:00まで寝てました。

それから、車の鍵を借りてやっと昼飯 (●^o^●)
本日の一番嬉しかったのは4連荘よりも、この瞬間でした^^

お湯を沸かして、二人でカップラーメンを食べながら雑談。

「この下流に良いポイントがあるので行きましょう」と生がきさん。

釣れそうなポイントを私に譲ってくれました。

そのおかげで4:00過ぎから一時間で4匹追加して、なんとか二ケタになり終了!
デジカメ忘れちゃいました

生がきさん、ムッチーさん、たまさん、COEさん、お世話になりました。

又御一緒させて下さいね^^

そしてタフがきさん、今回もまたまた往復運転してもらって申し訳ないです。

みなさん、楽しい一日をありがとう^^


今日の釣果
小川(古座川支流)・・・・・山手
AM8:00~PM5:15
水温        23~26度
 鮎         10匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古座川へ

2004年07月18日 10時49分00秒 | 古座川
1カ月程の休憩が終わって、行ってきました 

何処へ行こうか相棒のカッツンと電話で相談。

”日曜日やで大きい河川の方がエエやろ!”

天気予報を見ると岐阜(長良、根尾)、福井(九頭竜)方面は雨みたいだからヤメ。

”上がアカンのやったら、下へ行こか“

和歌山方面やったら日曜日でも、人が少ないかも!

大好きな日置川は日帰りではチョット辛いので、まだ一度も行ってない古座川で決定!

と言っても日置古座で一時間位しか変わりません。

何年か振りにAM4:30に起きました。

5:30位にはちょくちょくトイレに起きるんですけど・ ・ ・ もう、年か?

道路は予想外に空いていて、4時間で河口に到着。

”意外と近いやん?“と言いつつ、ある重要な事に気付きました。

今年の調子はどうなのか、型は、量は、どこら辺が良いのか ・ ・ ・ 。

そうです、リサーチは一切無しです ゲロゲロ

片っ端から橋や川の見える所で車を止めて釣り人や川を見学。

 ←こんな所や  ←こんな所

更にはこんな大きな一枚岩
 
この岩盤、むちゃくちゃデカイ!    
                         ↑右隅の車と比較して大きさが解るでしょ↓
そして、こんな吊り橋 むちゃくちゃ怖い! 
  
・・・吊り橋を渡っても駐車スペースはありませんでした・・・
地元の人が普段から使っている吊り橋ですので、無暗に渡らない方が良いでしょう。
迷惑駐車は絶対止めましょう!!!

結局、下流から上流のダムの手前までを、行ったり来たりして気が付けばPM12:00。

AM11:00頃にはオトリと日券を既に購入済み。


一通り見て、良さそうなポイントは大体頭に入れました。

上流へ行くほど白っぽい濁りがきつくなっているのは、今日だけ? 毎日?

そしてやっと決めたポイントは、潤野橋か大柳橋のどちらかの上流。 橋の名前忘れた (^^ゞ

昼飯を食べてPM:12:30に私が上流、カッツンが下流でスタート。

水温25度、温かいナァ。

オトリがあんまり元気じゃないので(一時間半も経てば当たり前か)チャラ瀬から釣り始めると

10分位で、ヒット (●^o^●)  

でも、10cmもない超チビ。

私はどれだけ小さなヤツでも必ず一度はオトリとして使います。

その超チビオトリを少し強い流れの中で底まで入ったかなと思ったら、すぐ来ました!

しかし、空中でこちらに向かって来る姿はまさしく、双子仲良く?

一気にヤル気無しモード突入!

カッツンも超チビ相手にヤル気無し。

1時間程川原で雑談。

”もう帰るか“ ”後30分やってアカンだら“

今度は半分やけくそで、弱いオトリ2号を水深があって流れもそこそこあるポイントへ空中移動

オトリが突っ込んだ瞬間、ガッツーン!

今度は18cmクラスの良いアユです (●^o^●)

どうせ超チビ相手だと思ったので、0.125に仕掛けを替えてしまってました (^◇^;)

それから入れ掛りは無かったけどポツポツ。

20cmクラスも釣れました。

深い所には良型がいるみたいです。

横着釣り師ですので、そのままの細い糸で”切れるなぁ~“と叫びながら抜いてました。

久しぶりの釣りも、十分に楽しかったです。

カッツンといえば私の近くへ来て、”お~い、テナガエビ取ったぞ“って、オイ、オイ!
 帰るか?
チャンチャン。

超チビは全て放流。

私9匹、カッツン4匹お持ち帰りでした。

古座川は、ダムまで堰堤がなく石も平均して小さく日置川と少し似た感じの川?でした。

今回入ったのは下流の方で、釣り人は上流へ行くほど多かった。

多いといっても、平日の宮川と同じ位。

                                 背ビレの大きな良いアユです。
  

今日の釣果
古座川・・・・潤野橋上流
AM12:00~PM5:00
水温  25.0度
 鮎    9匹
コメント
この記事をはてなブックマークに追加