羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

2016-08-31 18:17:42 | 日記
 深層世界にはもう母親も七味も出現しなくなったが、比奈子は堕ちかけているのではなく、これまでの事件の考察や東海林からの明確な打ち消し、中島との対話から、自分が殺人に惹かれたそもそもの原因に母の庇護に頼らずに自分の意思で対抗しようという気持ちの現れに見えた。しかし、結果として自分の『拒否』は原因を与えた者を失望させ、制裁受けざるを得ないと気付かせ、目覚めた比奈子は現実の七味(母)に思わず物理的にすがっているようだった。
 現れた比奈子の誘惑者はちょっと都夜と被り気味であったり、都夜の方が主旨も行動もシンプルでインパクトがあったかな? 結構前から影はチラついてはいたが、策謀キャラに説得力持たせるにはしつこく出張るか、ほぼ出オチくらいのインパクトで押し切るか、策謀の内容自体が強烈じゃないとね。途中、あの鑑識の娘が黒幕かと思ったりもしたが、カラコン女が現れた時は、ん? 都夜、着替えた? って、誰ぇーっ?! となったわ。比奈子がいないタイミングでちょこちょこ顔を出していてもよかったかもね。ともかく東海林を人質に取られるらしい最終回。探偵の探偵の結末との違いを含めて気になるところだ。

この記事をはてなブックマークに追加

とと姉ちゃん

2016-08-31 18:17:36 | 日記
 子供の懐きっぷりっ! 凄い。実は森田屋でちょいちょい甘い物でも食べさせていたのか? というぐらいの全幅の信頼。まぁ、父子家庭で母親になるかもしれない気配の女性だしなぁ。長男は一回反発するが一段何かあってから打ち解けるエピとかあってもね。再婚メインの物語ではないけどさ。別れ際、義父の話からリミッターの外れた星野はついに使徒を捕食・・・じゃなかった。常子に告白。テンパり過ぎて言ってることがやや混乱気味だったがハグ成功っ! 抱き寄せ返した常子が爪を立てるのはそらそうよ、って話だわな。月を映してオブラートに包んじゃうわな。夏目漱石は接吻せよっ! とまでは言ってないけどね。猫はニャーっ! とは書いてたけどね。で、仕事は仇を討つかのように電気釜テストを始めていたが、家電メーカーの社長のはずのアカバネ社長だが、どこの秘密結社の首領なのか? という具合になっていた。大丈夫か? このノリは、悪事を暴くと怪人化し、怪人体を倒すと巨大化する可能性が高い。取り敢えず東映か自衛隊に助っ人の要請をしておいた方が無難ではないだろうか? 悪い顔してたなぁ。血中コレステロール値が高い顔。心配になるよね。ブロッコリーを食べると改善するらしいから、誰か食べさせてあげてっ!

この記事をはてなブックマークに追加

とと姉ちゃん

2016-08-30 19:15:47 | 日記
 義父との謎の距離感っ! 険悪でもないのに奇妙な登場だったね。だがとと姉ちゃん業界ではよくあることだから今さら動じない。背中を押されてしまった星野がどうするのかと思わせて、子供達の方が行動を起こしていた。常子の仕事の方はアイロンテスト終了。花山瞑想から執筆。主婦テスター募集。バカ売れ。の流れ。進展しているけど、やっぱルーチン感は出てきたかな? ただ最後にアカバネの社長が出てきた。完全にカタギじゃない。小山ゆうの世界ならまず美子がドイヒーなことになり精神を病み、男性社員が一人殺られ、花山は刺されるが何とか生き残り、最終的にアカバネ社長は逮捕はされずそのまま一流企業にのし上がり、政財界の式典に老けた常子と同席して握手をしたところで常子が「これからもあなたの会社の商品を批評します」と言って去るのをアカバネ社長が黙って見送り、壇上で「御存じの通り、我が社のモットーは公正、高品質、豊かな暮らしでありますっ!」と演説するところで、完っ!! だね。格好いいなぁ、小山ゆう。作品の実写化時は役によっては女優の配役がかなり人を選ぶ感じだけど。うーん、だがとと姉ちゃん世界では普通にアカバネ社長は逮捕されるか、倒産しちゃうだろうなぁ。

この記事をはてなブックマークに追加

好きな人のいること

2016-08-30 19:15:41 | 日記
 感動シーンで『冬真でもわかる』と軽くイジりにいくあたりがテディ・ゴー!的? 全然違う感じの話を担当することになったもんだ。未処理な上に今回片さきゃならないことが多いもんで、作中の時間が足りず永遠に一日が終わらない時空の歪みも発生していたりもしていた。もう一泊させときゃね。また血を相当量抜いた後にしまなみ海道爆走させるなんて、美咲も結構ドSだぜ。母の設定はかなり重いがあっさり目にケリをつけてもいた。恋仲の父の設定もポップな恋本編との落差を埋めるのに四苦八苦していた印象だったが、今作は恋仲より処理しなきゃいけないことが多いからなぁ。ただ恋仲は逆に処理事案が少な過ぎて途中からちょっと手持ち無沙汰になっていたりもしていて、加減がややこしい。エピソードの量と、重さの加減はまた別だとも思う。前半が恋模様、中盤家族、後半は店の経営という予定だったのかもしれないが、全部後半まで持ち越しちゃってたもんね。これまで冬真役は本筋云々以前に、美咲達が動いてる場面にそもそもいない状態になってからちともったいない感じにもなっていた。次回からは仕切り直しで、恋と店の始末に集約されるようだ。千秋の未練? がガッチリめでちょっと意外だったな。あとは、夏向が五歳時の記憶がロクに無いのに一番驚いた。五歳くらいといえば私がボールペンを見てなぜか『折ってやろう』と思い、口にくわえてガジガジ噛んでいた拍子にペンの先が口の中に刺さって救急車で運ばれた頃だ。めっさ覚えてる。大出血で、折角現世に爆誕したのに危うくまた天界に送り返されるところだったぜ。まさにペンは剣より強し(物理)、びっくりしたなぁもうっ。

この記事をはてなブックマークに追加

四季花 春 ~前~

2016-08-30 19:15:34 | 日記
『四季花』の春の前編を投稿サイトにUPしました。瞳、暴れてます。よろしく。

この記事をはてなブックマークに追加