羊日記

大石次郎のさすらい雑記 #このブログはコメントできません

ゴースト劇場版フォーム

2016-12-20 21:39:20 | 日記

 どっちも頭のトンガリが枠からハミ出気味だが、エグゼイド魂は対パックマン(財前ではなくバグスター化したゲームキャラの方)フォーム。特性はパックマンへの有効打とゲームキャラのような身軽さと電脳空間での活動、かな? たぶん他の電脳的な存在にも有効なはず。テンカトウイツ魂は、ムゲン魂がタケルが生身になったせいか、力の源が宇宙に去ったせいか? はたまた元々眼魔(幽体)への攻撃特化で他の属性に効果が薄いのか? とにかくハテナバグスターに歯が立たず、それでもタケルが根性を見せた時に信長眼魂が謎のハイテンション化して、家康眼魂と秀吉眼魂を呼び寄せて合体してタケルを変身させたフォーム。特別な力は特に無いが、これ武蔵の強化フォームの間違いじゃないか? と思うほど二刀流の物理剣術でゴリゴリに押しきってハテナバグスターを撃破していた。どうやら本編終了後のゴーストはその時一番テンションの上がった眼魂のコンボフォームが最強というスタイルでいくのかもしれないな。フェイスと肩当てと羽織だけで変身が済むし、バリエーションも話の展開の都合でどうとでもできる汎用性の高い最強フォームだ。そういえば本編でも途中までは眼魂の使い分けをしようと頑張っていた。眼魂達は後半のモブ化の無念を今後のゲスト出演で晴らしてゆけるかもね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DQ コドラ | トップ | IQ 246~華麗なる事件簿 完 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。